地名にだけ残る幻のお酒を呑んでみたい【三宮神社】

前回、私は【駕輿八幡宮】↓(→ヤマタノオロチはやっぱ怖い【駕輿八幡宮】)そして

【駕与丁公園】(→バラの花言葉それは愛そして美【駕与丁公園】)を訪ねました。↓

『イオンモール福岡ルクル』を起点に『JR長者原駅』を目印に【駕与丁公園】へ向かったわけですが、その道すがら、とある神社が鎮座していたんです。↓

それが、粕屋町酒殿(さかど)にある【三宮神社】。神社前の通りは狭くて車の通りがわりと多かったよ。

鳥居をくぐって境内へ。↓

参道。↓

いかつい石塔。『平和塔』と刻まれているのかな。↓

ここで振り返るとこんな具合。↓

そしてイケメン狛犬からの↓

かなりの渋メン狛犬。もはやこれはアート。↓

奥に拝殿、左手に燈籠。↓

由緒書きの石碑によりますと↓

ご祭神は「玉依姫命」「神武天皇」「神功皇后」。由緒は不詳です。明治五年十一月三日村社に定められました。

そして

境内社は「疫神社」と「祗園神社」。

といったことが刻まれていて

石碑の反対側の記述には↓

筑前国続風土記附録の記載には、この地に『産土神』として「大祖権現」「宝満明神」「香椎大明神」の3つの社があって、それが1社に合祀されて【3つの宮】(三宮)になりました。

のち、歴史として残すべく碑を刻み建立されたのでした。

そのようなことが記されていました。↓

手水舎。↓

社殿。↓

こちらは『御酒殿』(みきどの)というそうで↓

案内板を読むと面白い。↓

こんな具合です。↓

『筑前国続風土記拾遺』には、ここ「酒殿」の地名の由来が書かれています。

酒殿村というのは神事「七宴席」の供料所で、神事に用いる酒を醸造し天満宮に奉納していました。

その御神酒を醸造する建物を「酒殿(さけどの)」といい、それがそのまま地名となって次第に酒殿(さかど)と呼ばれるようになりました。

「七宴席」というのは、年に七回行われている神事のことだそうで、境内のこちらの建物はその小ささから、お酒を祀るための建物もしくは道真公を祀る建物だとされているとのこと。

美しい地名ですね。こちらはご神木で↓

境内奥は広場になっていて↓

左からオーナー、オーナー夫人、社長、社長夫人、監督、助監督といった雰囲気がある。↓

広場の隅に境内社の『疫神社』。↓

案内板がありますので読みますよ。↓

江戸時代の享保年間に、疫病(伝染病)が流行し多くの死者が出たため、病気から守られるよう願って建てられたと伝えられています。

『享保の飢饉』といわれるもので、食物の不作に加えて伝染病による犠牲者も大変多かったといいます。明治時代の終わりごろまではお祀りが行われ、露店が出るほどのにぎわいでした。

とのこと。

酒殿ではいったいどんなお酒が醸造され、そして奉納されていたのかしら。


【三宮神社】

福岡県糟屋郡粕屋町酒殿4