入園するにはまだ早い気がしたから【かしいかえん】

前回、私は松本清張『点と線』の聖地巡礼の一環として、西鉄香椎駅から香椎の海岸まで歩いてみたんです。(→点と線をもう一度辿ってみた 【西鉄香椎駅】)↓

海岸はきれいに整備されていて、そこから右手を見てみる。すると向こうのほうに観覧車が見えるでしょう。あれが【かしいかえん】。↓

ちょっと足をのばして【かしいかえん】の見学とかいって、洒落こんでみることにしました。↓

海岸を抜けると、さっそく看板が立っていて↓

この通りを少し進めば、もう【かしいかえん】。こんなに海沿いだったとは。↓

園の裏手なので、ぐるっとひと回りして入り口を目指します。

併設されているっぽい車屋があって↓

その先のゆるやかな坂道を越えていくと↓

右手に【高塚神社】が鎮座。↓

この奥には↓

西鉄香椎花園前駅があって↓

そこから右を向けば↓

もう入り口に到着です。↓

園内はこんな感じになっているらしい。楽しそうね。↓

さっそく目の前には、ジェットコースター。↓

ワーとかキャーっていうかなって期待して見てたんだけど↓

無言で駆け抜けて行きました。ご時世なので仕方ありません。↓

ところで【かしいかえん】とはいったいなんなのか、あらためてwikipediaで調べてみました。↓

1938年、博多湾鉄道汽船が「香椎チューリップ園」として開園。1956年に「香椎花園」として改めて開園。隣接していた香椎球場跡地を利用し拡張。2008年「かしいかえんシルバニアガーデン」としてリニューアル。

とのこと。



私はずいぶん昔に訪れて以来でしたので、昭和レトロのイメージだったんだけど、入り口はきれいでポップな感じ。

残念ながら、12月には閉園だそうで、その前に一度は入園しておきたいです。

そして入園したら、シルバニア森のキッチンで「クマくんのチキンオーバーライス」とか「ショコラウサギくんのふんわりたまごのオムライス」とかとか色々食べてみたい。

でも今日は様子見ってことなので、リーフレットだけもらって撤収です。↓

とにかく、閉園ってことでみんな落ち込んでいるのかなと思ったけど、案外元気そうだったんで、安心しました、っていう空気感が入り口に漂っていました。

それよりも、初めて知った「香椎球場」の存在が気になるわー。完。


【かしいかえん】

HP:かしいかえん

福岡市東区香住ヶ丘7丁目2-1