点と線をもう一度辿ってみた 【西鉄香椎駅】

わりと前のことなんですけど、私は松本清張の小説『点と線』の舞台(の一部)となった福岡市東区の香椎地区を訪ねたことがあるんです。(→点と線を辿ってみた 1/2【香椎駅】)↓

その時は聖地巡礼とかいって、犯人と被害者が海岸まで歩いたとされるルートを辿ってみたんだけど、そのルートがなんと見事に間違っていたという大失態。↓

家に帰ってから間違いに気づいたのであった。そして私的にいえば、再訪問するのがとても面倒だと思ったのであった。↓

そこで私は、グーグルマップから写真をお借りして、なんとなく行った気になって済ませたのでした。(→点と線を辿ってみた 2/2【香椎海岸】)↓

さて今回、久しぶりに香椎へやってきた私は、リベンジというわけではないんだけど、正しいルート!?であらためて実際に辿ってみることにしたよというお話です。↓

それはこういうルート。詳細は是非、過去の記事を読んでいただきたい。無理して読まなくていいです。つまり犯行のあらすじはこんな感じ。↓

二組のカップルが、それぞれ国鉄(JR)香椎駅と西鉄香椎駅で別々に下車。ともにそれぞれが犯人と被害者という組み合わせで、ほとんど同時刻に夜の香椎海岸へと向かいます。そして二組それぞれが同じ海岸にて犯行を行うのであった。

それではさっそく、西鉄香椎駅から(再)スタートしたいと思います。↓

駅前ロータリーを抜け↓

新浜通りを東へ進みます。

そして香椎北の交差点を左へ曲がると↓

3号線が私の行く手を阻むのだ。↓

無事に3号線を渡り終えるとそこには川が流れていて↓

見上げた頭上の案内板には「かしいかえん」と書いてあるよ。ふーん。↓

それはさておき、さらに通りを進んでいけば↓

ほら。↓

からの、ほら!!↓

犯行現場であった海岸へ到着です。「点と線」の作品の中では、二組のカップルは、どちらも夜道を歩いて迷わずきちんと到着したっていうのに、私は昼間にぼんやり歩いたにも関わらず間違えた。ザ悲しみ。

どう間違えたかと言いますと、前回私はあっちの海岸に辿り着いてしまったんです。↓

とにかく今回、こうして無事にリベンジが出来てよかったです。



それはさておきそういえば。さきほどの案内板に「かしいかえん」と書いてありましたよね。

気になって海岸の辺りを見廻してみると、あの向こうに観覧車が見えるでしょう!?あれが「かしいかえん」じゃん!?次回、訪ねますじゃん。

次回のお話はこちら!(→入園するにはまだ早い気がしたから【かしいかえん】


【西鉄香椎駅】

福岡市東区香椎駅前2丁目52