サスペンス あの坂道を越えたとき【若久団地01】

先日のこと。福岡市南区の若久地区には【若久団地】があって、その団地のどこかに作家夏樹静子氏のなにかしらの記念碑があるとききましたので

ダッシュで見に行ってきました。そのお話です。

西鉄大牟田線の大橋駅から↓

通りの向こうに見えるあの坂を越えて行けば↓

残りはくねくねしてるうちに辿り着くらしいので、頑張って向かいたいと思います。どうやらあの道はショートカットらしいんすわ。

地図で確認するとこう。↓

案外険しい坂道で

振り返ってみると、こんな景色。↓

おや!!坂にナンバリングがしてある!チョトマテクダサイ。

「7番どんぐり坂」!。これはとっても気になりますよ!?(※坂を訪ねたお話はこちらの記事で!↓)

そのまま坂を上りきったところには「向野南公園(どんぐり公園)」があって

さらに進むと今度は階段が。「8番純真だんだん(坂?)」。

階段を上り終えると、そこにはなんとも立派な学校施設が立ち並んでいました。

こんな急勾配の坂の上に!学園都市!(ちなみにこちらは純心学園大学だそうです。通学大変ですね!頑張ってください)

と余計なお世話を言っていると、今度は急な下り坂が続きます。

そこから下ってからも、さらにあっちへ行ったり↓

こっちへ行ったりと、もう大変。迷い迷いで、わりとうんざりしながら

なんとかようやくたどり着きました。地図見ろよって感じですよもう。たしかに!

こんなことなら、遠回りルートで行った方が良かったっぽい。でも、そのおかげでナンバリング坂道を発見しましたし。結果オーライです。

とにかく疲れたので、続きは次回に!


【PR】結局、筋トレがいちばんキレイにやせる近道

【若久団地】

福岡市南区若久団地