唐津街道(一部)を辿ってみた09【箱崎宿】

前回の続きです。こんにちは。↓

前回はといいますと、『青柳宿』の次の宿場町である【箱崎】の地へようやく足を踏み入れました。↓

というわけで今回は筥松2丁目(旧東新町)からのスタートです。↓

JRの高架をくぐった左先には↓

JR箱崎駅。↓

もう少し先へ進みます。ここは箱崎新道で↓

福岡筥松郵便局隣りには↓

『唐津街道箱崎宿東構口跡』が。つまり【箱崎宿】に到着です!↓

ちなみに「構口」というのは、青柳宿で見つけた説明板にもありましたが↓

構口。宿場の出入り口を示すもの。道路と直角に石垣を組み、その上に白壁の練塀を築き、瓦を葺いたもの。街道の上りを東構口、下りを西構口といいます

ここは東構口跡で、一方の西構口跡はというと、しばらく先のほうにあるとかないとか。

通り沿いには街道の名残を思わせる、それっぽい雰囲気の建物もちらほら確認できます。↓

唐津街道は、ここ「九大正面入り口」の交差点で左の小路へ入っていきます。↓

曲がらずに通りをそのまま真っ直ぐ進めば『勝楽寺』があって↓

曲がった先にも『勝楽寺』があるのだ。↓

では小路を先へ進んでいきます。↓

『箱崎会館』。↓

そして↓

『玉取恵比寿神社』。↓

こちらは【筥崎宮】の末社であり、また玉せせりのスタート地点としても良く知られています。そして

結構前のことにはなりますが、こうして訪ねたこともあって↓

だからお互い、あらあらどうも、お久しぶり。といった感じです。

え待って?ポンプもありました。なんのポンプ?↓

では引き続き歩いていきましょう。ところで!聞いてください。

事前にネットで調べておいたんですが、【箱崎宿】における西構口(跡)の場所はこの辺りっぽいんです。↓

だから周辺をウロウロ探してはみたものの、跡を示すモノは見つからず。

 

ひょっとして見落としていたのかも。こればかりは仕方ありません。↓

西構口跡の史跡はあきらめることに。すぐ先には「箱小通り」が唐津街道を横切るように走っており↓

通りをそのまま渡ってしまえば、そこはもう【筥崎宮】である。↓

『秀吉、筥崎宮本陣にて禁教令発令』!からの↓

【筥崎宮】一の鳥居。↓

(※筥崎宮を訪ねた一連のお話はこちらで!↓)

といったところでお話の続きは次回に。

今回は東区箱崎地区に鎮座する【筥崎宮】前まで辿り着きました。

ではまたお会いしましょう。↓


【PR】楽勝アマゾン物販術

【筥崎宮】

福岡市東区箱崎1丁目22