尊氏、多々良川を眺める【陣の越】

以前、足利尊氏と菊池武敏が戦ったという『多々良川の戦』の碑を見に行きました。→魚鱗の陣形は背後が弱点【多々良浜古戦場跡】

多々良浜右岸の高台に尊氏が陣を構えたという【陣の越】があるのだけれど、その場所が分からなかったんです。

今回ちらっと【陣の越】の場所を聞きましたので、さっそく訪ねてみることにしました。

多々良川を渡ります。

右を向いたこっちの先に↓

以前訪ねた多田羅橋があって↓

ここは真州崎橋。↓

左側のこちらの先には名島橋。→ゆるやかなカーブを過ぎたらそこは【名島橋】

そしてあの小山の上に陣の越があるらしいんです。↓

以前に記事で予想していた場所よりも左側かな。↓

で、どこから上っていくかというと

松崎中学校正面の 

脇の急な坂。

車の往来も激しい。

こちらは松崎中学校の反対側。入らないけれど、景色がよさそうです。↓

案内板がありました。↓

先は行き止まりになって、配水場があります。↓

説明板でもないかなと辺りを見ていたら、配水場の端から入れるようになっていて↓

こちらは陣越緑地。遊歩道です。↓

きれいな小道が続きますが、木が生い茂っていて外の様子は分からず。

案内板がありました。

ここが【陣の越】。やはり外は見えないけれど、おそらく多々良川が悠々と流れていることでしょう。

この場所から尊氏は断腸の想いで戦況を見つめていたというわけです。

そして見事に巻き返しに成功したと。私もあやかりたい!!

ほんのり夕焼けに包まれる多々良川がきれいでした。


【陣越緑地】

福岡市東区若宮3丁目28