外交使節団の一員になりきる【客館跡01/02】

先日のこと。「太宰府天満宮」から「榎社」までをつなぐ【どんかん道】を辿ってみたんです。(→できることなら繊細さも欲しい【どんかん道】)↓

「榎社」を訪ねるのも久々でしたので(→都府樓纔看瓦色  観音寺只聴鐘聲【榎社】)↓

せっかくですしとか言って、辺りをブラブラうろついていると↓

線路沿いすぐのところに、こんな説明書きを見つけました。↓

さっそく読んでみたいと思います。↓

榎社周辺の遺跡。ここは古代都市『大宰府条坊』のほぼ中央に位置します。この付近は大宰府政庁から南下する中央大路が通っていました。都の朱雀大路に相当するもので、奈良時代初めに造られたとされています。

そして↓

その幅は約36m。外交施設などを出迎える際に必要な広さだったといわれています。平安時代後期には半分の幅になるけど、それでもだいぶ大きな道路である。

地図もありましたのですかさずチェック。!↓

参照はもう少し続きます。↓

中央大路の東西には、道路で区割りした都市空間が広がり、当時の宅地内にはごみ穴もあったようだ。また、貴重な陶磁器類も多く出土しており、平安時代に「富豪之輩」といわれた大宰府住人たちの実態に迫ることができます。

つまり当時の外交使節団は、西門を通ったあとにここまでやってきて、そしてここから「中央大路」を通って「大宰府政庁」へ向かった、ということ!?
(→ついに西門を通る日がきた01/02【水城06】



さて、さらにそのまま線路に沿って進んでいたら↓

向こうの先に「西鉄二日市駅」がかすかに見えて↓

この目の前の大きな広場は【客館跡】というんだそうです。↓

え待って?広場になにもなくない?ほう。果たしてそうだろうか。↓

試しに目をつぶってみて欲しい!?ほら!もっとなんにもないよ!?

そんな広場のすぐ脇を、西鉄電車が今日も元気に駆けていく。そして手前に説明書きを発見です。↓

また足元には「東西道路跡(十四条路)」のプレートもありました。↓

では説明書きを読んでみますね。↓

ここは客館の中の北西エリア。建物2棟、倉庫1棟、井戸の跡などが見つかりました。井戸跡が密集しており、また高級食器・容器の出土から、外国使節に食事を提供した場所ではと考えられています。

なるほど!でも「客館」っていったいなに?さっきの説明書きによると、ここは「中央大路」って書いてあった気がするけど、客館?ま待って?ままま待って?

地図もありましたので、参照します。↓

今回来た道を振り返るとこんな景色。↓

こちらは「大型建物跡(北棟)」とのこと。↓

ここにも、しっかり説明書きがあります。↓

もちろん読みますよ。↓

ここは客館の中枢エリアです。南北に並ぶ大型建物跡が見つかりました。大型建物はいずれも8世紀前半に建てられました。これは天平4年(732)の「造客館司」(客館を造る役所)設置と関わりがあるようです。

そして↓

8世紀末に南館が廃し、9世紀中ごろには北館も廃されました。その後は、長い間畑であった。

イメージ図。↓

位置はこんな感じ。↓

写真で見ると、いっそう分かりやすいね。↓

大型建物跡(南棟)はここ。↓

ところでですよ。私は何度だって言いたい。「客館」ってなに?

答えは次回に!!よろしくどうぞ!いや、なんかごめんだけど。


【客館跡】

福岡県太宰府市朱雀3丁目13