源氏物語なら読んでみたかった【弘法水】

福岡県太宰府市にある『観世音寺』と(→紫陽花の花言葉は移り気【観世音寺01】)↓

『戒壇院』の間にある細い道を北へ向って(→山門までの雰囲気がいい戒壇院【観世音寺04】)↓

玄昉の墓を通り過ぎると(→玄昉のお墓で観世音寺訪問もおしまい【観世音寺06】)↓

『歴史の散歩道』が目前を横切ります。↓

この道をちょっと右へ行くと『日吉神社』が鎮座していて(→怒らせたらダメな人を怒らせる【日吉神社/観世音寺05】)↓

左に行けば『武藤資頼・資能の供養塔』。こちらは次回に訪ねます。↓

今回は、このまま散歩道を横切って、真ん中を突き進んでやろうというお話。↓

通りの右側に見える森が、鎮守の杜『日吉神社』。↓

もう少し歩いてみると↓

通りの左手に案内板が立っていて【池渕弘法大師】と書いてあります。↓

そう、ここが目的地。弘法水。↓

先を見ると緑のトンネルみたいになっていて↓

このトンネルの中にはテーブルと椅子。お茶会的な!?ティーパーティー的な!?そういう雰囲気。↓

そばに小さな池があって、そのさらに奥には庵というか小部屋のようなものが。↓

では、ちょっとお邪魔しますよと。↓

この【弘法水】の『弘法』というのは、みんさんご存じ『弘法大使・空海』をさしています。空海というのは、遣唐使として唐へ渡って仏教を学び、2年後に帰国。予定より早く帰ってきたせいか、入京を許されず、3年ほどを大宰府の観世音寺にて過ごしたのでした。



室内には像が並んでいて、感の鋭い人でしたら、なんかのパワーとか吸収しそうな雰囲気がある。私は鈍いから良く分かりません。↓

そしてこちらに見えるのが『弘法水』なのだそう。↓

「太宰府文化ふれあい館」のHPに詳細な記事がありましたので、参照してみます。↓

観世音寺の北に「清水井」と呼ばれる湧き水の池があり、観世音寺の山号「清水山」は、これに由来。『源氏物語』にも「清水の御寺の観世音寺」と記されています。

また

『筑前国続風土記拾遺』にも、「池の周りに観音菩薩と弘法大師の石造があり、弘法水と呼ばれている。」との記述。また敷地内には、「筑紫四国霊場第三番札所 池渕弘法大師」のお堂も建てられています。

なるほど。ところで気になることが一つ。源氏物語の『玉蔓』というのは、いったいなんなのよって話ですよ。説明するとこう。↓

玉蔓というのは二十歳の女性で、九州に流されたらしく、その場面に弘法水が出てくるみたい。

これを私はwikipediaで読んだのだ!!完。

さて、次回は『歴史の散歩道』を左へ進んだ「武藤資頼・資能の供養塔」へ向かいます。乞うご期待!!


【弘法水】

福岡県太宰府市観世音寺4丁目17-23