近道の発見それはまさに天にも昇る心地【春日神社】

前回、私は福岡県春日市に鎮座する【春日神社】を訪ね

そこで行われているという『婿押し』なる愉快な行事についてお話ししました。↓

今回はいよいよ【春日神社】の境内を散策してみたいと思います。ではあらためて【春日神社】へ向かうところから始めます。

まず福岡方面から春日方面へ向かって↓

「春日大通り」を下ったところで、そこから細い道を左折するのが一般的だけど↓

でもね、実はここからショートカットができるのだ!!↓

この地下通路がある脇の細い道を通って行くと↓

あっという間に【春日神社】裏の駐車場辺りに辿り着くんです。感激。↓

それでは【春日神社】の一の鳥居をくぐって境内へお邪魔します。↓

「春日の杜」。境内には12本ものクスノキがあるそうで、これらは天然記念物に指定されているとのこと。↓

境内先には二の鳥居も見えます。↓

神門の先に↓

社殿。↓

そばに由緒書きがありましたので↓

読んでみるとこんな具合。↓

中大兄皇子(天智天皇)が長津の宮(福岡市南区高宮)に居られた時、この地(春日)に「天児屋根命」を祀ったことに始まります。

768年に大宰大弐だった藤原田麿が、故郷である大和国の春日大社より「武甕槌命」「経津主命」「姫大神」の三柱を迎へて【春日神社】を創建

(※『高宮八幡宮』のお話はこちらでも!↓)

由緒書きはもう少し続きます。↓

ご祭神は「天児屋根命(あめのこやねのみこと)」「武甕槌命(たけみかづちのみこと)」「経津主命(ふつぬしのみこと)」「姫大神(ひめおおかみ)」。

神社は戦国時代に焼失してしまいますが、1627年に黒田長政の家老黒田一成によって再興されました。1996年に総改修が行われ、現在に至ります

とのこと。

 

これは『厄割り石』。玉に悪い気を吹き込んで、あの石に向かって投げつけるのだそう。

境内社の『若宮社』。ご祭神は「太刀雄命(タジカラオノミコト)」「太玉命(フトダマノミコト)」。↓

『薬師堂』には↓

薬師如来像。↓

ちなみに「春日大通り」からは【春日神社】の裏手が見えて↓

そこは丘陵地帯というか緑地になっています。↓

試しに上方へ行ってみると、池が広がっていて↓

また、さっきの地下通路も試しに通ってみたら

道路の反対側に出てくる仕様。たしかに!

だから私は、再び地下通路を通って、元居た場所へ戻ったのだった。終。


【春日神社】

福岡県春日市春日1丁目110-1