フィーバーはある日突然やってくる【坂本八幡宮】

福岡県太宰府市にある【坂本八幡宮】を訪ねてみました。

元号『令和』にゆかりのある場所ということで、以前から名前だけは聞いていたんです。ようやくって感じ。

大宰府政庁跡の脇の道を上っていくわけですが↓

その政庁跡前の通り沿いには『大伴旅人』の歌碑がありました。↓

「やすみしし わご大君の 食国は 倭も此処も 同じとぞ思ふ」↓

政庁跡前の通りから入って、山の方へ向かいます。ゆるやかな上り坂が続く道。

右側には政庁跡。↓

しばらくすると

見えてきましたよ。↓

【坂本八幡宮】。↓小じんまりしていますね。いい感じ。

近くに駐車場もあるみたい。↓

改元当初の熱狂も落ち着いたようで、ずいぶんのんびりした雰囲気です。

ところで、ここ【坂本八幡宮】と元号『令和』は、いったいどんな関係があるんでしょうか。

境内にあった説明書きを参考に↓

調べてみました。

遠い昔、730年に大宰師(大宰府政庁長官)だった大伴旅人が『梅花の宴』を開きました。

その時に詠まれた『梅花の句』は万葉集に収められ、その序文にある『初春令月、気淑風和(初春の令月にして、気淑く風和ぎ)』を典拠としたものが元号『令和』なり。

で、ですよ。

その宴が開かれたという大伴旅人の邸宅(梅園)のあった場所が、この【坂本八幡宮】の敷地かも!?しれない!?

つまり連想ゲームでまとめるとこういうことなんだろうか。↓

令和→万葉集→大伴旅人→大宰府政庁長官(大宰師)→職場は大宰府政庁→通勤に便利→できれば近くに住みたい→政庁そばの立地→坂本八幡宮。(私調べ)

たしかに【坂本八幡宮】は大宰府政庁跡からすぐそばだけど。

候補となる邸宅の場所は他にもいくつかあって、今のところ定かではないみたいです。

おそらく、ざっくり『坂本八幡宮のある辺り』ってことなんでしょう。
(wikipedia:坂本八幡宮の項を参照)

境内には小ぶりな鳥居があって↓

猿田彦大神。↓

そして拝殿です。↓

拝殿内には令和の文字。↓

掲示板の説明書きには↓

【坂本八幡宮】は地区の土地神・産土神で、ご祭神は応神天皇。

坂本地区には平安時代に天台宗の『善正寺』があって、その境内には八幡宮が祀られていたと。寺院はのちに廃れたけれど、八幡宮は村の鎮守として再興されたのであった。

とありました。

こちらの『がらんさま』っていうのは↓

『天台寺院の故地によく見かけられるもので、寺の中心地や結界となる境に置かれる事がある。』

だそうです。

また、境内の隅には再び『大伴旅人』の万葉歌碑。↓

「わが岡に さ男鹿来鳴く 初萩の 花嬬問ひに 来鳴くさ男鹿」

(意:萩の花が咲き初める初秋、牡鹿が牝鹿を求めて鳴く求婚の甲高い声にも、妻を想う自分の心を重ねずにはいられないのであった。)

そして!『令和の碑』。↓

もちろん『大伴旅人』ですね!!

参拝を終えましたので

少し散策してみようと歩いていると

少し離れたここにも『大伴旅人』の歌碑!!↓

「世の中は 空しきものとしる時し いよよますます 悲しかりけり」

大伴旅人であふれている!!


【坂本八幡宮】

福岡県太宰府市坂本3丁目14-23