わりと見つけづらいのも納得【在日米軍弾薬庫跡】

前々回のこと、私は【雀居遺跡】を探し求めて、福岡市博多区にある「福岡空港国際線近辺」を訪ねました。(→昔見送りに来て以来の国際線だわ懐かしす【雀居遺跡】)↓

そして前回のこと。ふと気づくと、私は【雀居祇園宮】で佇んでいたのだった。(→なんかごめんなんだけど【雀居祇園宮(須賀神社)】)↓

これが前回までのあらすじです。こうして空港周辺をうろうろ漂っている中で、私はとある場所のことを思い出していたんです。聞いてください。↓

その場所を訪ねたのは去年の秋のこと。今更感がすごいけど、でもせっかくだから記事にしたいと思います。どうもこんにちは、私だよ。

空港とはいっても、その場所はこの国際線の反対側で、つまり向こう側。国内線ターミナルがあるほう。↓

したがって、それは【下月隈神社】のある辺りともいえるのだ。(→雰囲気だけで勘弁して欲しい【下月隈八幡宮】)↓

神社前を通る「水城下臼井線」の道沿いを進むと↓

『埋蔵文化財センター収蔵庫』があって。↓

その脇には、なかなかの坂道がのびている。↓

この坂道を上っていくんだけど、みなまでは上らないんだな。



途中のこの辺りで、ちらちらっと左をのぞいてみると↓

奥の方になにかがあるのが分かりますか。そうです。これは『弾薬庫跡』らしいんです。↓

私はこのことを書籍『福岡の近代化遺産/九州産業考古学会編(弦書房)』の記事で知って、昨年秋に訪ねていたのでした。参照させていただくとこんな具合。↓

福岡空港の東南端、月隈丘陵には弾薬庫跡が残っている。福岡空港は44年に陸軍席田飛行場として建設され、戦後は米軍が接収し、板付空港に改名。

そして↓

弾薬庫跡はコンクリートで作られた巨大な遺構で、正面3ヶ所に入り口。北九州から弾薬が運ばれ、ここで充填作業や保管が行われたと思われる。米軍からの返還後は、福岡政府倉庫として使用されています。

とのこと。

空港の歴史といえば、前々回に書いた【雀居遺跡】の記事内にも『福岡市博物館』のHPから参照した記事があって、そちらには、こうありました。これも参照です。↓

福岡空港は第二次大戦中の1944年、陸軍席田飛行場としてつくられました。終戦後は、米軍板付基地として運営されたあと、西日本の幹線空港として発展。

ちょっと話はずれるかもだけど、書籍『福岡県/JR全駅(弓削信夫)』にはこんなお話もありました。

参照します。↓

昭和20年のこと。英彦山駅そばの二又トンネルを日本陸軍が弾薬庫として利用していましたが、終戦を迎えます。米軍が接収し処理のために火をつけたら大爆発を起こしたという事件がありました。

弾薬庫つながりで印象的だったので、ちょっとご紹介。

さて、【雀居遺跡】を訪ねただけのつもりの私が、あれよあれよと、弾薬庫まで辿り着いたよと。そういうお話でした。完。


【在日米軍弾薬庫跡】

福岡市博多区月隈1丁目13