知らないところには知らない人がいる【中原1群36号墳】

連休真っ只中で晴天の気持ち良い一日。

このご時世、密になるのは絶対に許されません。
許されるのは、古代人だけなのだ!!で、おなじみの私です。こんにちは。

人がいないところへ出かけましょうってことで、こちらを訪ねてみることにしました。↓

観音山古墳群の一つである【中原1群36号墳】。↓

【観音山】を登った時に案内板を見つけていたんです。(→観音山に登ったことがあるといいたい【大徳寺/観音山】

ほんの数日前に来たばっかなのに…。また来ちゃった…。

独りでなにやってんだろう、でおなじみの私なんだよな。

【観音山】を背にして【大徳寺】側から↓

目の前の「現人橋通り」を渡って↓

向こう側の住宅街へ。そこから住宅と住宅の間を下っていくと↓

公園が見えてきます。↓

ん、よし見えてきた。フェンスのある右側です。↓

ちなみに公園の裏は中原新池という池らしい。↓

池の注意書き。ここでちびっこの背中を押してください!?犯罪だろ!!とか独り言。↓

それはともかく園内に入ると、なんとまさかの密!!なわけないから!!とかまた独り言。↓

公園の名は【観晴が丘公園(旧観晴が丘第二公園)】。つまり第一公園と合併したっぽいな。↓

この公園内に古墳があるというわけ。

やや広めの公園で、奥にあるこちらが【中原1群36号墳】。【観音山古墳群】に含まれる古墳の一つで6世紀後半に造られたとのこと。↓

とてもきれいに整備してあります。登ったらダメって書いてありますが、私は大人なんだからさすがに登りませんよ!!頼みますよ!!↓

とかまた独り言。ホントは静かに見学する私です。後ろに見える観音山がステキ。↓

案内板を読んでみますと↓

この古墳は2段に造られた円墳で下段が直径約20m上段が直径約10mの横穴式石室。石をドーム状に積み上げ天井に大きな石を置き、その重みでおさえるしくみ。1300年以上経つ現在でも崩れることなく残っています。

石室内部はこんな具合らしい。↓

隣りには「開発を記念します碑」みたいな石碑が建っていて↓

思いがけず味のある言葉が刻まれていました。↓

とにかく【観晴が丘公園】が人で溢れる密状態でなくてホントに良かった、安心した。いや、本当は密だったのかもしれないぞ。

だって、この石室の中に古代人が500万人くらいいたりしてね。あるある。

柵があってこちらからは中に入れませんけども。


【中原1群36号墳】

福岡県那珂川市観晴が丘11