なんとロマンチックな所。【西公園/荒津の崎】

これまで、西公園の【平野國臣像】(→時代の先を駆け抜け過ぎて【西公園/平野國臣像】)そして

【立帰天満宮】(→無事に帰ってきて欲しいとき【西公園/立帰天満宮】)からの

【光雲神社】(→鶴はわりとワイルドに鳴く【西公園/光雲神社】)を訪ねてきました。

西公園巡りはもう少しだけ続きます。今回は展望台のほうへ向かってみます。

【光雲神社】の左脇の通りから↓

「さくら谷」が見えます。↓

ここ【西公園】は「さくら名所100選の地」に選ばれていて、お花見の時期には多くの人が桜を見にやってくるのだそうですよ。

この道を真っ直ぐ進むと↓

分かれ道。まず、左の『万葉歌碑』を見に行ってみます。↓

この先に↓

万葉歌碑があって↓

説明書きもあって安心。↓

神さぶる 荒津の崎に 寄する波 間無くや 妹に恋ひ渡りなむ

と刻まれていて

遣新羅使の土師稲足(はにしの いなたり)という人が詠んだ歌で

神々しい荒津の崎に寄せる波のように 絶え間もなく妻を思い続けることであろうか

という意味らしい。



「あろうか!?」ではないよね。

そしてこちらには「荒津の崎」の説明書きがあって↓

荒津の崎は使節団の見送りの場だったみたい。

だそうです。

島ではありません!!離岸堤です!!そして『鵜来島』。

実際はこんな感じ。↓

こういう光景を見ているとしみじみっていうのかしら。今も昔も変わらずに。マジでしみじみ。


【西公園/荒津の崎】

福岡市中央区西公園13