無事に帰ってきて欲しいかも【西公園/立帰天満宮】

前回の続きです。(→時代の先を駆け抜け過ぎて【西公園/平野國臣像】

前回、坂道を上って西公園の【平野國臣の像】を訪ねましたので

ついでにそのまま【西公園】の園内を散策してみたいと思います。



【平野國臣像】からさらにほんの少し坂を上って歩きます。そのまま真っ直ぐ進んでいけば【光雲神社】へ続く階段があって↓

そのちょっと手前に鎮座するのが↓

こちら【立帰(たちかえり)天満宮】。↓

鳥居そばに案内板があったので、さっそく読んでみたいと思います。↓

【立帰天満宮】は菅原道真を祀る神社です。社伝によりますと、ご神体はもともと『武蔵寺』の境内に祀られていて、元禄年間(1688-1703)に荒津山の麓の『源光院』に移され、明治20年(1887)に現在の地へ遷されました。

『武蔵寺』のお話はこちらでも!!(→藤原だから藤。たしかに!!【武蔵寺】)↓

【立帰天満宮】が鎮座するのは港の近く。そんな場所柄もあって↓

旧藩時代には船乗りに信仰され、現代では漁業関係者の崇敬を集めています。

また戦時中には

出征兵士の無事な帰還を願う人々が多く参詣したといいます。

とのこと。

こちらは参道で↓

階段を降りますよ。↓

あら狛犬。こんにちは。↓

境内にも由緒書きがありました。読んでみるとこんな具合。↓

ご祭神は「菅原道真公」。縁起によりますと、ご神体は道真公手作りの木像と伝えられています。武蔵寺村で掘り出されて祀られていました。

のちに武蔵寺の本寺である「源光院」に遷座、それから現在の社に祀られることになりました。

とのこと。

撫で牛。↓

拝殿内を失礼しますね。↓

振り返るとこんな景色。↓

境内の一番奥には『大子堂』があって↓

この脇をそのまま抜けて、住宅街へと進んでいけるみたいです。↓

ちなみにおみくじはというと↓

故障中でした。ザ・悲しみ。


【西公園/立帰天満宮】

福岡市中央区西公園13