点と線を辿ってみた 1/2【香椎駅】

【点と線】は松本清張が生んだ名作の一つ。
映画化もされていますし、舞台(ある意味で)となるのが東区の香椎ですので、福岡の人にとっても思い入れがある作品かもしれません。

物語はこんな具合に始まります。

東京からはるばるやってきた二人の男女が、香椎駅で降りて夜の海岸へ向かいます。
翌日、海岸の岩場で心中した二人の姿が、名島の工員によって発見されたのでした。

痴情のもつれかと思われた事件に引っかかりを覚えたのが、福岡の中年刑事【鳥越重太郎】。そして捜査を行う東京の警部補【三原紀一】。

ほんの小さなほつれが、巨大汚職事件と複雑に絡み始めるのだ!!

といったお話。

おや?皆様、お気づきになられただろうか。

福岡の刑事の名前が重太郎!?そして名島の工員が第一発見者!?
思い出しますねえ。先日訪れた名島の『岩見重太郎』のことを!!→ヒーローはわりと旅に出がち【岩見重太郎生誕之地】

松本清張はきっとここから名づけたに違いない!!(名推理)

被害者が東京から博多まで乗ってきたのが特急『あさかぜ』で、こちらは貝塚交通公園で見ることができます。→ゴーカートに乗りたい気持ちは永遠【貝塚交通公園】

身近に感じるこの作品を読んで、私は犯人と被害者が当日に歩いた道を辿ってみることにしました。(ネタバレします)

その前にちょっと補足を。

犯人である機械工具商会の経営者【安田】は、自身が絡む汚職事件の解明を防ぐため、鍵を握る××省の【佐山】を消そうと考えました。
ばれないように、安田はついでに自分の愛人である【お時】も殺して、二人セットで情死に見せかけようと計画。
その犯罪に協力したのが安田の妻である【亮子】。彼女は時刻表マニアだったのだ!!

そしても少し補足。

西鉄香椎駅と国鉄香椎駅が近くにあるのを利用し、安田は愛人のお時を連れて西鉄香椎駅から降りる。妻の亮子は佐山を連れて国鉄香椎駅から降りる。
二組のカップルはお互い微妙な時間差で香椎の海岸へ向かい、それぞれがそれぞれを青酸カリが入ったジュースで殺すのでした。

ではさっそくその道を辿ってみたいと思います。

こちらがJR香椎駅(国鉄香椎駅)。出発地点。↓

ここで21時24分に亮子と佐山が降りました。駅前のロータリー。↓

二人は駅前の通りを西鉄香椎駅方面へ向かいます。

西鉄の高架が見えています。以前は踏切だった場所。

高架先で右へ進めば

もう西鉄香椎駅に到着。5分くらい。

この駅では、21時35分に安田とお時が降りました。

西鉄香椎駅の駅前には清張ゆかりの桜の樹。

この付近で果物屋の客が、カップルの会話を聞いています。

「ずいぶん寂しい所ね」

これはお時が安田に言った言葉。

ここから、二組のカップルはそれぞれ海岸へと向かうのでした。

私は先ほどの『セピア通り』へ戻りさらに歩いていきます。

3号線を渡り

細い道をしばらく歩く。

川にかかる小さな橋を過ぎると↓

香椎浜団地があらわれました。↓

少し迂回して団地と団地の間を抜けていくと↓

そこは海。香椎の海岸。

現場に到着です!!!?

とはいかないのであった。
私は致命的なミスをしてしまっていたのです。

なぜならこの辺りは埋め立てられた場所だから…。当時、香椎浜団地は海。
私は海を歩いてきたってことなんです。

では果たしてどこで道を間違えてしまったのか…。

次回に続く!!→点と線を辿ってみた 2/2【香椎駅】


【西鉄香椎駅】

福岡市東区香椎駅前2丁目52