それはつまり小学校 on the road【日田街道11】

前回の続きです。↓

こんにちは!↓

今回もはりきって辿っていきたいと思います。↓

では、西鉄二日市駅そばの「本町交差点」から再開となります。↓

横断歩道を渡って本町通りへ入ります。↓

通りの電柱に貼られた説明書きには

夢野久作が二日市に住んでいたときのお話しが記してあったり↓

右手には『正行寺』。↓

その隣りには『本町恵比寿神社』が鎮座。↓

通り奥の『ゑびす醤油』の先で左折。↓

するとそこには『大賀酒造』があって↓

ここからすかさず右へ曲がると「中央通り」。↓

二日市商店街がまっすぐのびています。↓

その中央通り途中の美容室から右へ入った先には

『二日市八幡宮』(↑)が鎮座しており↓

一方『日田街道』はというと、右へ入っていくのではなく、反対側の左へと進むのだ!!↓

ちなみに、どっちにも曲がらずにそのまま真っ直ぐ進めば『JR二日市駅』に到着し↓

そこからさらに進んで行くと『二日市温泉街』に辿り着くんだけど↓

そのお話はまた別の機会に。

(※のちに訪ねたお話はこちらで!↑)

さて、商店街から引き続き日田街道を辿っていきます。通りに沿ってしばらく道なりに。↓

え?つくしちゃんじゃん!?ハロー!!↓

ゆるやかな坂道を進んでいくと↓

右手に『六地蔵』が見えてきました。寄ってみることにします。↓

石段をのぼって↓

六地蔵と書いてある。↓

こちら戦没供養の石碑。↓

案内板が目に入りましたので↓

読んでみるとこんな具合。↓

六地蔵尊はかつてより無病息災家内安全として厚く信仰されています。かつてご尊体は木像だったけれど、1580年四王寺山岩屋城の合戦で焼失したため、石像に。霊験あらたかなお地蔵様です

(岩屋城のお話はこちらでも!↓)

こちらにお堂。↓

いい天気。↓

ちょっと失礼します。↓

こちらにもお地蔵様。↓

大きな木の下にも↓

石碑がありました。↓

それでは、六地蔵から日田街道へ戻ります。さらに先へ進むと、行き止まりのところに校門が。そうなんです。↓

二日市東小学校の裏門が、日田街道の行く手を塞いでいるのだ。↓

実際のところ、かつて『日田街道』は、この二日市東小学校の校庭と校舎の敷地を突き進んでいたということらしいんです。仕方がありません、私も校庭を!?

 

というわけにはいきませんので、右へ曲がってぐるりと小学校を迂回し↓

小学校正門に出てみる。すると↓

ほらほら。ちゃんとあるんです、案内板が。ああ嬉しい。↓

こちらの地図を参照してみますと、今回通り過ぎた二日市商店街の辺りが、かつての『二日市宿』のようですね!?

といったところで今回はここまで。次回も全力です。↓


【PR】校庭に東風吹いて

【二日市東小学校】

福岡県筑紫野市紫7丁目4-1