古墳とマリア像【老司老松神社】

前回訪ねた【老司瓦窯跡】から、その続きのお話です。(→難易度高めな古墳【老司古墳】【卯内尺古墳】

瓦窯跡から歩いて1分くらいのところに【老司老松神社】が鎮座しています。

「老松」といえば、水城にも【老松神社】は鎮座していましたね。道真公の『水城の渡し』。
(→道真公がやってきた【水城老松神社】)↓

さて、【老司老松神社】の鳥居をくぐって、境内へ入ってみましょう。↓

神社のすぐ隣りには「老司本町児童公園」があって、全体的に広々として気持ちが良いです。

創建は1558年。ご祭神は、主祭神が「菅原道真」、副祭神がそのご両親である「父菅原是善」「母伴氏」とのこと。

こちらは拝殿。絵馬が奉納されています。

裏にまわると、少し離れて本殿があって↓

左には境内社の「稲荷神社」。

こちらは「日吉神社・住吉天神」です。

そして【老司老松神社】があるこの場所は、【老司神社古墳群】でもあるとのこと。

案内板を参照してみますと↓

社殿の裏山には5ヶ所の古墳群が確認されているけれど、その詳細は未発掘のため不明である。

だそうです。このもっさりして鎮守の杜に古墳群がある。

つまり、この周辺は古墳だらけというわけ。右も左も裏にも古墳。知らぬ間に古墳に囲まれています。これが古墳の圧つまり古墳圧というものなのか!!

帰り道にぐったり歩いていると【老司大池】があって↓

案内板がありました!

おや!?お分かりいただけただろうか。↓

近づいてみると、白くてでかい像みたいな。↓

さらに近づいてみると、どうやら「福岡海星女子学院」の校内にあるみたい。もちろん入りませんけど。

気になったので調べてみると、なんと学校のシンボルであるマリア像が校舎を見守っていたのだ!!

ちなみに校内には、他にも「フランシスコの庭」とか「ルルドの聖母」なんてお洒落な何かがあるみたい。

古墳の圧とマリア像の圧で、乱気流が発生しちゃうなとかぶつぶつ言ってたら↓

福岡のバンクシー発見。これはさすがに着陸失敗。


【老司老松古墳】

福岡市南区老司4丁目6-1

【老司大池】

福岡市南区老司5丁目45