大黒天は鬼子母神の夫だお【鬼子母神堂02】

前回に引き続いて

今回も、東京都豊島区の雑司が谷地区にある【雑司ヶ谷鬼子母神堂】を散策していきます。こんにちは。

さて本堂から向かいに目をやると、大黒堂。そして「おせんだんご」の文字が。どうやらお団子屋さんがあるみたい。↓

またそばには『大黒天』の説明書きがあって↓

さっそく読んでみると↓

大黒天。鬼子母神の夫でインドから伝来。大黒天の持つ小槌の「ツチ」は大地の「ツチ」に通じ、物は全て大地より生み出される。つまり宝を打ち出すという豊作の神であり、出雲の大国主命の「大国様」と合わせて親しまれています

とありました。そして隣りのベンチには鬼子母神のミミズク。↓

では先へ進みましょう。↓

周囲はこんな景色。ちなみに今お話しているあれこれは、昨年夏頃に訪問した出来事を振り返っている形になります。↓

こちらは『武芳稲荷』。↓

朱い鳥居がだだだだっと並び↓

それから今度はぐるぐるっと続く形になっていて↓

そばに由緒書きがありましたので↓

さっそく読んでみたいと思います。↓

倉稲魂命を祀った堂宇です。日本書紀では「ウケ」は食物穀物を意味。倉稲魂命は「穀物の神」。昔この辺りで農耕が盛んに行われていたことが伺えます。創建年代は不明。天正6年に「稲荷の森」とよばれていた当地に堂宇を建立、鬼子母神像を安置と記されており、『武芳稲荷堂』はそれ以前に建立。古来より「出世稲荷」と称される

とのこと。ちなみに以前訪ねた福岡県大野城市の『仲島地禄神社』では↓

農耕社会の土地の神として「埴安命」のお話がありました。

 

「手水舎」。↓

「みみずく公園」。↓

左右に仁王像。↓

そして境内入り口とケヤキ並木。なんと樹齢400年以上だとか。凄い。↓

そこから先は表参道が続きます。↓

といったところで、今回の【鬼子母神堂】散策(夏)はこれにておしまいです。

ご清聴ありがとうございました。


【PR】雑司ヶ谷R.I.P. 樋口 毅宏

【雑司ヶ谷鬼子母神堂】

東京都豊島区雑司が谷3丁目15-20

HP:雑司ヶ谷鬼子母神堂