小さな丘に眠る太郎坊【石投げ地蔵】

高宮通りの、『西鉄大橋駅』と『西鉄高宮駅』のちょうど中間あたりにファミレス「ジョイフル野間店」があって

そのすぐ脇に階段があるんです。こんな感じ。↓

気になって近くへ寄ってみると、階段の入り口には使えるのか分からない井戸があって↓

『子待の井』と刻まれた石標があります。

子を待つ井!?案内板があるので読んでみます。↓

このお地蔵さんは筑前風土記に「塩煮塚」と記述され古い歴史を持っています。かつてこの辺りは、山伏(修行僧のこと)が宝満山へ入峰する際に断食修行をしながら通った場所です。

とのこと。そして、言い伝えによりますと↓

ある時、太郎坊という山伏が修行途中に倒れ、帰らぬ人となりました。そこで石を積み上げて、供養したというのがこの地蔵の由来とされています。

また境内には小石が多数あって↓

境内の小石はイボの治療に効くという言い伝えから『イボ取り地蔵』としても知られていて

さらに↓

安産子安にも霊験あらたかなお地蔵さんであります。

だそうです。

ちなみに「宝満山」とこちらの「お地蔵様」の位置関係はこう↓。結構な距離。

階段をのぼってみます。

こちらが【石投げ地蔵】の祠。小石が詰め込まれています。

境内にも案内板の通り、たくさんの小石。

また、奥の方には石仏が並んでいて、大変綺麗にお手入れされていました。↓

さてさてところで。案内板によりますと、この場所は「塩煮塚」として『筑前風土記』に記述があったとされています。気になります。



ここから東へ10分ほど本気で全力を出して走っていくと「塩原」という地区があって、そこには『塩原中央公園』があります。↓

その園内に(塩)煮塚の石碑があるんです。

石碑の裏には説明書きがあって↓

読んでみるとこんな具合。↓

塩原の由来は汐原、塩煮塚にあり。この辺りまで潮来たり。塩を焼いたところに塩煮塚を建てました。

塚の場所は不明だけど、ここに記念碑を建立します。

とのこと。お地蔵さまと公園の位置関係はこんな具合。↓

つまり、ですよ。

お地蔵さまのある辺りは海岸線のすぐそばってこと。船でやってきた修行僧はここから上陸し、断食しながら宝満山を目指したのだ。

そんな推測ができるかもしれないし、できないかもしれないっていうお話でした。


【石投げ地蔵】

福岡市南区向野1-22