私は南からあなたは西から【住吉神社01/04】

先日、福岡市博多区の住吉地区に鎮座する【住吉神社】を訪ねましたので、そのお話をしたいです。こんにちは。↓

これまでも何度か訪ねたことはあるんですが、今回あらためてといったところになります。↓

ではさっそく向かいます。薬院方面から博多方面へ向かって住吉通りを進み↓

那珂川に架かる柳橋を渡ってしばらくすると↓

通りの右手に↓

【住吉神社】が見えてきますよ。ちなみにこちらは『南門』とのこと。↓

一の鳥居のある『西門』からも境内へ入ってみたんだけど、それはまた次回にお話したい!!よろしくどうぞ。↓

さて、こちら『南門』から境内へ入ると↓

まず、入ってすぐのところに池があって↓

その池の奥に鎮座するのが↓

『三日恵比寿神社』です。↓

そのまま近づいてみると↓

社殿があって↓

拝殿内をちらっと失礼しますとかいったり。↓

社殿そばには『恵比寿神像』と由来書き。↓

読んでみるとこんな具合。↓

昭和21年のこと。当時の住田町(美野島1丁目辺)在住の藤井氏が初日の出を拝んでいたところ、簑島橋の橋杭に恵比寿様が納められた木箱を発見。御神徳は福岡市内はもとより田川・筑紫からも「福」を求める人がやってきました。そこで昭和24年、この地に恵比寿さまを祀ったのでした。

そばには住吉神社の案内図があって↓

こちらは『住吉神社唐門』。↓

説明書きを読んでみますと↓

屋根に唐破風(中央がむくり両端がそる形)がある門を唐門とよびます。かつて本殿前にあり18世紀末から19世紀初頭(江戸時代後期)に建てられたとされています。

との記載。それでは門をくぐって先へ進むことにします。↓

くぐった先には鳥居があって↓

鳥居の先には『荒熊・白髭稲荷神社』が鎮座。そして↓

そばにあるこちらは『のぞき稲荷』というものらしく↓

稲荷大神の御霊験にあやかって、中をのぞきこむ。そして鏡に映った自らの姿に願いを掛けると、祈りが届くであろう。

とのこと。ちなみに後ろはこんな具合。↓

その少し先には「一夜の松」があって↓

こちらの説明書きによれば↓

かつて社殿上に覆いかかっていた老松の先祖。危険なので切ろうとしたところ、一晩のうちにまっすぐ立ち直っていたことから「一夜の松」とよばれるようになりました。

とのこと。



おや?むむ?こちらが『荒熊・白髭稲荷神社』の正面のよう!?だけど!?

ということは、さきほど参拝したのは、本殿ということなのかな!?分かりません。

ちなみに向こうに見えているのは【住吉神社本殿】の裏側。つまり、『南門』から境内へ入って唐門をくぐると、本殿裏に出るというわけ。↓

そして本殿表に出るためには『西門』をくぐって表参道を進むルートがあるみたい。気になるね!!

ということで次回はあらためて『西門』からのお届けです。お楽しみに!
続きはこちら!(→なに中とかどこ中とか聞かれても答えん【住吉神社02/03】


【住吉神社】

福岡市博多区住吉3丁目1-51