なんて美しい文章なのでしょう【日田街道16】

前回の続きです。(→宝くじにご利益があるという話わよ【當所神社/日田街道15】)↓

日田街道をはるばる辿り、ようやく『當所神社』までやってきた私。この地でさっそく開運パワーを身にまとい、その金銭感覚でさらに先を進むのだ!はい、こんにちは。↓

それでは、今回も日田街道を辿っていきたいと思います。↓

辺りはこんな風景。↓

そして、やたら味わいのある通りもあって↓

とにかく真っ直ぐね。真っ直ぐ進むのだ。↓

石碑もあるけど、なんて書いてあるんだろう。↓

あらステキ。↓

遠くに鳥居が見えたので↓

ちょっと寄ってみることにしますね。↓

こちら『栗田老松宮』というそうで↓

案内板を読むと、こんな具合。↓

秋月種実と筑紫広門らが御笠郡岩屋城の高橋紹運を攻めました。この時、秋月勢が、誤って太宰府天満宮そばの人家に火をつけ、天満宮を焼失してしまいました。そこで祟りを恐れた種実が栗田の寺家に社を建てご神体を移したのが、このお宮の起り。

そして↓

その後、天正1年(1591)に小早川隆景が太宰府の社を再建し、ご神体を戻すまでの14年間は、この地に鎮座していました。そのあと、老松大明神を祀り現在に至る。境内は小さいながらも、太宰府天満宮と同じように池や梅の木が配置されています。

とのこと。それでは境内へ。↓

こちらの池のフェンスには↓

こんな説明書きがあって↓

私は大変感激したのであった。ぐっときた。↓

色鯉を12匹いれました。太宰府天満宮の鯉のように大きくなるとよいなと思います。

こんな美しい文章見たことないよ。

素敵だなあ。

こちらはご神木のよう。↓

さらに狛犬も。こんにちは!ハロー。↓

拝殿。↓

近寄って、ちょっと失礼しますね。↓

さきほどの説明書きが記されたのが平成8年。

その後に記された文章が、境内に見つからなかったのが、ちょっと残念かな。

では、日田街道に戻ります。↓

すると、通りにこんなお堂っていうの祠っていうの?を発見。↓

説明書きがあって↓

読んでみると、なかなか面白いんです。かすれてるんで、間違えてたらごめんね。↓

阿弥陀堂の由来。本尊は阿弥陀仏、脇立観音勢菩薩。本尊は伝教大師の作であった。小郡光養寺の住職と田主丸厳浄寺の住職がお互いに「自分が祭る」と取りに来て争った。その結果、首は光養寺に胴は厳浄寺へ。後で祖?が像を作った。これが現在の仏像。

また↓

明治時代に金箔を塗ったが、国宝にもれたと言われる。古狸が阿弥陀仏に化け、人身御供を強要したという伝説もある。

なかなか愉快なお話です。↓

では、日田街道を先に進みます。↓

なんて書いてあるのかな。↓

「北新町」の信号そばには↓

ん?誰?↓

そして「仙道古墳」の案内。↓

ちょっと寄ってみたんだけど、そのお話はまた別の時に。よろしくどうぞ。↓

通りのすみっこに↓

鳥居があったりね。↓

と思ったら、その先に大きな鳥居。↓

さらに進んで、この酒屋を前にして↓

左へ進む道が『秋月街道』なんだそう。↓

日田街道は右へ曲がり↓

依井新町の信号を渡って↓

入ってすぐを左へ↓

さあ、いよいよ目標としていた甘木の町へやってきました。

ってことで、続きは次回だよ。もう終わりも近いね。じゃあ、よろしくどうぞ。


【栗田老松宮】

福岡県朝倉郡筑前町栗田1609