福岡で宝くじにご利益があると【當所神社/日田街道15】

前回の続きです。(→行き交う旅人たちの息遣いが聞こえる(幻聴)【日田街道14】)↓

日田街道を辿りに辿っているこんな私だけど、こんにちは!?ようやく朝倉郡までやってくることができました。というのが前回までのお話で↓

それでは今回も辿っちゃうぞ!!ってことで、曾根田川より元気に再開です。↓

いい感じの風景の中を、ぐんぐん突き進んでいきます。↓

平和な景色が続き↓

通りの右手にお寺が。↓

さらにその先の左手に神社が見えてきたのであった。↓

こちらは『長者町大神宮』というのだそうで、地域の氏神さまといった趣。↓

隣りは公民館になっていて↓

ちょっと境内へお邪魔してみますね。↓

お、狛犬!!ハロー↓

拝殿。↓

これはなんの道具ですか。私は知りません。ごめんね。↓

本殿。↓

由緒書きは見つからなかったけれど、説明書きが立っていましたので↓

読んでみると↓

ご祭神は「天照大神」。境内には「大行事」「猿田彦」「恵比寿石神」「観音堂」がある

とありました。きっと、境内に立っている石碑のことでしょう。↓

さて、それでは再び日田街道を辿って先へ進みます。↓

相変わらず平和な景色が続き↓

ため池かな!?と思ったら、そのトイメンに神社が鎮座。↓

葉っぱがもっさーり。そしてその隙間からチラリ「熊野神社」の文字が見えます。



おや。ここは『當所神社』だと私は聞いていたんですが。いやほら読めないからさ、真相は謎。ごめんね。こんな感じで。↓

いずれにしても、こちらは神社の裏手にあたるみたいなので↓

そのまま、表側へ向かうことにしました。ここはさっきの看板の裏手。こちらが『熊野神社』!?で、この先に鎮座しているのが『當所神社』!?ということなのだろうか。↓

とにかくぐるっと廻って表側へやってきました。通り沿いの小さな丘の前には↓

正面鳥居があって↓

丘の坂のところには、祠的なものも見えますね。↓

石段を上った先には↓

社殿があって↓

本殿。↓

境内の雰囲気はこんな感じです。↓

あ、狛犬だ!ハロハロー。↓

拝殿内をちらっと失礼。↓

その名も『當所神社』だけあって、開運に大変ご利益のある神社のよう。「當」というのは「あたる・あてる・あたり」という意味とのこと。「当」ってことみたい。

由緒書きは残念ながら、在庫切れでした。これは悲しみ。↓

社殿隣りのこちらは「金銘水」とのこと。↓


なに
開運とくに宝くじにご利益があるという、その自信で満ち満ちている。そんな強いパワーを感じた、気がするよ。なにせ住所が、朝倉郡筑前町「当所」ですから。↓

だけど私、ふと思ったんです。なにもしてないのにお金持ちになったら、なんだか気マズイよ!?↓

でも仕方ないよね。なりたくてなったわけじゃないから。

私なりに考えがまとまったところで、今回はここまでです。

次回はきっとお金持ち!?やば。
続きはこちらです(→なんて美しい文章なのでしょう【日田街道16】


【當所神社】

福岡県朝倉郡筑前町当所213-1