誰も知らないしこれからもきっと【大平寺跡】

前回、私はわりと急な坂道を上って、鬱蒼とした森の中にある【大平寺古墳群】を訪ねたのでした。(→古墳の中からこんにちわ【大平寺古墳群】

で、その坂道を上る手前のところに↓

公園があるんです。その名は『大平寺東公園』。↓

園内に案内板があったので

近づいて読んでみます。↓

ついでに福岡市のサイト『福岡市の文化財』の【大平寺跡】の項と合わせて参照します。↓

福岡藩の儒学者「貝原益軒」の『筑前国続風土記』には【大平寺】について「桧原村の内にて橿(柏)原の境にある禅寺なりしとやか今に其跡残れり。那珂郡屋形原(南区)に居たる千葉探題の帰依の寺

なりし故むかしは大寺なりしとやか。」という記述があります。

そして↓

ですが九州探題に千葉氏は存在しません。おそらくこの地を勢力下にいれた武士が、探題を自称したのでしょう。

また↓

この他に【大平寺】の創建を示す史料や伝承はなく、遺構も残っていない。現在は、住宅地に囲まれた大平寺東公園の一角に、室町時代の阿弥陀如来の石仏と板碑が祭られている。

とのこと。記述の中の「九州探題」とはwikipediaによりますと↓

室町幕府の軍事的出先機関である。

とありました。つまり、貝原益軒は『筑前国続風土記』の中でこんな具合に語っていて↓

室町時代に、役職を騙った(と思われる)武士が、桧原村に禅寺を建てたと思われる。その寺の跡が、今(江戸時代)も残っている。

そして現在、寺の跡や資料は残っておらず、ただ地名として寺の名前が刻まれているということみたいです。



園内のこちらは「観音堂」で↓

阿弥陀如来の石仏と板碑。↓

大平寺は果たして本当に存在していたのかな。


【大平寺跡】

福岡市南区大平寺1丁目21(大平寺東公園)