知ってたつもり02/04【春日伯玄社遺構】

前回の続きで(→知ってたつもり01/04【春日小水城(推定)】)↓

『水城』にまつわるお話です。『水城』というのは、かつて「唐・新羅」からの攻撃に備えて造った、土塁と外濠からなる防衛施設。全長約1.2キロとも言われています。↓

そのメイン水城の他に、平野の谷あいをしっかり埋めるために小さな水城「小水城」も数か所造られたんです。↓

私はこれまで小水城をいくつか訪ね、得意げだったんですが、なんと2ヶ所も知らない小水城が判明したのだった。

というのが前回のあらすじ。2ヶ所というのは「春日土塁(推定)」と「小倉水城(推定)」。

実は私、この2ヶ所に関してちょっと心当たりがあるんです。そこで、まずは「小倉土塁(推定)」から攻めてみたいと思います。



なぜ心当たりがあるのがというと、私は以前春日の「小倉」という地区を訪れたことがあるんです。(→嫁ごの尻たたき【小倉住吉神社】)。↓

そしてその辺りには坂道がいくつかあって、まるで谷あいのような、小水城っぽい地形だったんですよ今思えば。↓

それでは、さっそく向かうことにします。31号線を福岡方面から筑紫野方面へ。この左隣りは春日自衛隊駐屯地。↓

宝町交差点を「ふれあい文化センター」へ向けて右に曲がれば↓

もう坂道よ、ほら。ここは春日横断通り。↓

この通りの先をちょっと右へ入って行けば『小倉住吉神社』に到着。↓

どうですか、この雰囲気。私はね、ここ「春日横断通り」こそ『小倉土塁(推定)』なんじゃないのかと推定していたわけですよ!!こんにちは。

この辺りにせめて案内板でもないかしら。(推定)っていうくらいだから、無くて当然だけど。↓

通り沿いに、もわっと森みたいなところがあって↓

ほら、これ土塁ですけど!?とか一人で盛り上がってたんです。場所は春日市商工会の隣というか敷地内なのかな。↓

そばへ近寄って見ると↓

そこには祠があって案内板がありましたので↓

さっそく読んでみると、こんな具合。↓

ここは伯玄遺跡。弥生時代前期から古墳時代にかけての墓地を中心とする遺跡。公民館建設の調査で甕棺墓、土壙墓、竪穴式住居、時代は下って鎌倉室町時代の伯玄神社遺構が発掘されました。

また↓

副葬品の少なさから、王墓で知られる『須玖・岡本遺跡』とは対照的な、農耕集落の共同墓地と考えられます。

とのこと。『須玖・岡本遺跡』は、以前訪ねたことがありますね。(→巨石の下でアイテムゲット【奴国の丘歴史公園】)↓

遺跡かつ神社でもあるとのことで、境内には石碑が立っていたり↓

社殿というのか祠というのか、が鎮座しています。↓

そして由来書きがあって↓

こうありました。↓

ご祭神は「大己彦命(おおなびこのみこと)」「伯玄明王」「えびす天」「大黒天」。はっけんどんを祀る神社。

で、はっけんどんというのは

働き者・大食い・力持ち・頑固・おもしろい・正直者・医者・僧侶・やさしい・大男・農業の神・小倉のヒーロー。

とのこと。小倉の文字が!!でも残念ながら、土塁とはまるで関係がないみたい。

さらに説明書きと、絵馬というか絵画もあって↓

そこにはこんな記述がありました。↓

(春日の)小倉に、働き者で大飯を食う「はっけんどん」という大男がいました。熱中症の馬を治したり博多から筑紫野までの田をすいたりと、この地区を支えたヒーローがはっけんどん。

そしてそのヒーローの名が刻まれたのが、この地「伯玄町」ということ!?なのか!?いずれにしても、小水城にはつながりませんでした。残念。↓

でもね、それもそのはず。なぜなら「小倉土塁」はここじゃなかったんだな!!びっくり。↓

ってことで、次回『みんなー、小倉土塁見つかったよ!』をお届けします。お楽しみに。(→知ってたつもり03/04【小倉土塁(推定)】


【伯玄社】

福岡県春日市伯玄町2丁目24