巨石の下でアイテムゲット【奴国の丘歴史公園】

福岡県春日市にある『須玖・岡本』という地域には、弥生時代の遺跡群が密集していて、その名の通り【須玖・岡本遺跡】と呼ばれています。

そしてその【須玖・岡本遺跡】は、金印『漢委奴国王(かんのわのなのこくおう)』で知られている【奴国】の中心地であったとされているのです。

この地で発掘された数々の出土品や副装品さらに王墓の発見が、【奴国】であることの大きな確証になっているとのことらしい。



中国の『後漢書』にはその【奴国】について

建武中元二(57)年、倭の奴国、奉貢朝賀す

という記述があって、この須玖・岡本の王墓に眠る王は、金印が指す奴国王の数世代前の王であると考えられているそうです。

そんな【須玖・岡本遺跡】の一部が春日の丘の上に【奴国の丘歴史公園】として整備されているので、今回訪れてみたというわけです。

公園内には、発掘調査時の甕棺墓を見学できる『ドーム型の覆屋』とか

『竪穴式住居跡』があって、少し離れたところには

『磐若池』『上散田池』そして『奴国の森』があります。

メインのこちらが、奴国王の甕棺が下に眠っていたという『王墓の上石』。↓

1998年に上石のみが現在の場所に移されたそうで、王墓が発掘されたもともとの場所は丘の下のこちらです。↓

で、この【王墓の上石】にまつわるお話はこんな具合。↓

1899年のことです。とある人が、自分家にあるでかい石が邪魔になったので、石を動かして掘ってみました。

するとそこから甕棺や『玉・剣・鏡』という三種の神器の原型となる副葬品など、多数の出土物が発掘されたのでした。

ちなみに私が気になるのは、石を動かしたことよりも、むしろ今まで誰も石を動かさなかったことかもしれない。



なぜだろう。邪魔過ぎて逆に邪魔じゃなくなったとかね。巨石がj日々の生活に溶け込んでいたのかもしれない。でも結局邪魔だったから動かしたっていうし。謎は深まります。

さて、公園内には【奴国の丘歴史資料館】があって入館無料。

館内には、青銅器や鉄器・甕棺や奴国王墓の復元などが展示されていました。民俗資料のコーナーもあったよ!!

公園も資料館も楽しかったので、是非皆さんにお勧めしたいけれど、場所がちょっと分かりづらいかもしれない。

いくつか上り口があって細い道を上っていくので、途中で迷子になったりしてね。

でもそのついでに、巨石を見つけたりなんかして。


【奴国の丘歴史公園】

福岡県春日市岡本3-57

開館 9:00-17:00(第3火曜日が休館日)

入場無料

駐車場:有