矢印があるとつい導かれてしまいがち【筑紫神社04】

前回の続きです。↓

前回、筑紫野市原田地区に鎮座する【筑紫神社】を訪ね、「粥占祭」は3月に開催されるということを学んだのでした。こんにちは。↓

今回も引き続き、境内を散策していきたいと思います。では社殿へ。↓

楽しそう!!↓

愉快だな!!↓

拝殿内をちらっと失礼して。↓

国号起源。↓

神馬。↓

社殿左脇から、本殿。↓

こちらはなんだろう!?粥占い!?ってわけでもなさそうだけど。↓

残念ながら進めるのはここまでみたい。↓

右サイドから駆け上がるも↓

ここまでが限界。↓

そこで境内右側へ向かうと、ずいぶん急な階段があって↓

さっそく下りた先にはなにやら石碑があるみたいなので↓

ダッシュでゆっくり下ってみます。↓

振り返るとこんな景色。↓

少し先まで進んで↓

もう一回振り返る。

 

なにがなんでも振り返る。

上からちらっと見えていた石碑は「忠魂碑」と↓

「日露戦役記念碑」。↓

通り沿いから見ると、こういう具合になっていて↓

通りをこのまま先へずっと進んでいけば、『五郎山古墳』そして『JR原田駅前交差点』へと続いていきます。↓

さて境内へ戻ろうとすると↓

階段そばに説明書きが立っていました。そして矢印が左を指している。↓

なにごとかと思って読んでみると↓

江戸時代より長崎街道原田宿として栄えてきた当地「原田」には延喜式名大神筑紫神社が鎮座される この街道を往来する人たちは、牛馬を境内下の広場に休ませて道中の安全祈願のため、この参道を通って参拝したと伝えられる

つまり、江戸時代の旅人はここで牛馬を休ませ矢印方向に参道を通って、【筑紫神社】に寄って参拝したんよ、ということみたい。↓

(※のちに長崎街道のほんの一部を辿ったお話はこちらで!↓)

そこで、旅人気分で矢印に導かれていくと↓

参道はゆるやかな上り坂になっていて↓

最終的にその道は、手水舎裏へとつながっていました。↓

こうして参拝を終えた旅人は、そのまま社殿をあとにして↓

休ませた牛馬とともに、再び歩み始めるわけですが↓

それはつまり、原田宿を通り抜けていくということ。↓

続きは次回に!↓


【PR】東京23区 ご利益! 参道めし

【筑紫神社】

福岡県筑紫野市原田2550