野外音楽堂で歌ってみたい曲【宇美四王寺山04】

前回の続きです。

前回、宇美町から四王寺山を登り始めたわけですが

その道すがらに出合った巨大な石垣、そう、名にし負うあの百間石垣に大変感動したのであった。

その存在感にぐっと圧倒され、さっそく登り始めたものの、高所が苦手なため、あと一歩のところで断念という悲しい結果に。ちなみに

さらにこの登山道を先へ進めば、【野外音楽堂】へと道は続いていくらしいのですが

断念しましたので仕方ありません。また別のルートで【野外音楽堂】へ向かうことにします。

『百間石垣』を下り終えるや、再び林道を歩いていきますよ。

『百間石垣』を別の角度から激写!↓

おや『三十三体石仏第23番札所』の案内があって↓

傾斜の先に↓

千手観音。↓

『主城原礎石群』の案内も出ていましたが、また別の機会を待ちたいと思います。↓

そうこうしていると↓

右手に【野外音楽堂】の案内。↓

いざ、向かいますよ。

なかなかの急傾斜で、難儀な場所です。↓

ほうほうの体でようやく上り終え、

そこから舗装路を左へ向かうと【野外音楽堂】に到着。

そばに案内地図がありましたので、まずそちらを確認してから

【音楽堂】広場へ入ります。↓

誰もいない会場で一人ステージに立つ。そっと目を閉じると50億人の聴衆が目の前に。それでは歌います。聞いてください『天晴れ四王寺山今日は涙晴れ』。

とか言って一人で悦に入っているのは、すごく気持ちが悪いかも。だからそろそろ帰ります。

帰り道は、またもう違うこちらのルートを選びました。

しばらく続く下り道の途中に『クロガネ岩城門跡』の案内が出ており

向かってみると説明書きが。↓

読んでみますね。↓

665年に築かれた古代の山城「大野城」にある9つの城門跡の一つ。江戸時代に描かれた『太宰府旧蹟全図北図』には「クロカ子岩 門ノ石スエ」とあり、現地の調査により礎石が発見されました。発掘調査では門の両側の石積みを確認し、軒丸瓦や土器が出土しました。高さ1.6mの石積み

とのこと。さらに下っていくと、おやまあ見覚えのある場所が。

なんと【百間石垣】の、先ほど断念した、あの恐ろしい上りきった上のところに偶然辿り着く。これがあの「百間石垣の奇跡」。もとい運命(さだめ)。

っていうか下りられます?大丈夫そ?

安心してください。上ってた時には気づかなかったけど、右へ逸れるゆるやかな道があって

その道を下っていくと、

なんと、岩間の石仏下を通る小道につながっていたのであった。一件落着。あとは帰宅の途につくばかりです。お疲れ様でした。

今回の四王寺山を振り返ってみるならば、さすがは【百間石垣】。おみそれいたしました。

福岡県民なら一度は見ておくといいかもしれません。でも

まあ別に見なくてもいいんですけど。

完。

【四王寺山野外音楽堂】

福岡県糟屋郡宇美町四王寺