お石はトンネルの先に何を見る【太宰府天満宮06】

前回の続きです。↓

前回、福岡県太宰府市に鎮座する【太宰府天満宮】境内の奥へと進み、雰囲気のいいお茶屋を見つけ、あらあらと思ったのであった。↓

そのお茶屋そばの案内板に【天開稲荷神社】と記してあるのを見つけましたので、今回はそちらへ向かってみます!?というお話です。こんにちは。↓

ではさっそく先へ向かいましょう。↓

歌碑があったり↓

こちらには↓

母子像。↓

【天開稲荷社】と書かれた矢印が、もう少し先だよと言っている。↓

緩やかな上り坂の向こうには鳥居が並んでいて↓

紅白のノボリがダダダだだだだだ。↓

鳥居に近づいてみると↓

扁額には「天開稲荷社」。↓

いい感じ。↓

上っていく石段手前で、道は二手に分かれていて↓

このまま左へ進んでいくと↓

トンネルがあって、そこには「宝満宮 参拝隧道」と書いてあります。↓

それはつまり、トンネルをくぐって↓

抜けた先の道は↓

「竈門神社」そして「宝満山登山口」へと続いていく、ということ。↓

こんな感じ。↓

(※後日、を訪ねたお話はこちらで!↓)

トンネルそばには案内があって、右お石茶屋と記してあり↓

またトンネルのところには「寄進 麻生太吉」と記されています。↓

というのもこのトンネルは「お石トンネル」と呼ばれており↓

その由来というのは↓

お石茶屋のお石に惚れた麻生太吉が、自宅から茶屋へ通うためにトンネルを掘らせたのだ

という、そのトンネルらしいです。

ではトンネルを引き返して【天開稲荷社】鳥居まで戻ります。そして【天開稲荷社】へ向かうのだ↓

石段を上る。↓

結構上る。↓

え待って上り過ぎ!?↓

それな!!↓

隣りの道も大変そう。↓

ようやく↓

そろそろ↓

到着です。お疲れ様でした。無事に到着しましたので今回はここまで。

また次回に!↓


【PR】猫トンネル S型 収納便利

【太宰府天満宮】

福岡県太宰府市宰府4丁目7-1