改宗したり再興したり移転したり焼失したり【大乗寺跡】

福岡市博多区上川端の「冷泉公園」のある辺りを歩いていたら↓

通り沿いに【大乗寺跡】と案内板が出ていて、そこにはいくつか石碑が建っています。↓

跡っていうくらいだから、ここにかつて【大乗寺】というお寺があったということ。さっそく案内板を読んでみます。↓

【大乗寺】は法皇山宝珠院と号し、かつて奈良西大寺の末寺で律宗に属していたけれど、のちに浄土宗を経て真言宗に改宗。大正9年(1920)、長宮院との合併で現在の中央区大手門へ移転。

ですが戦災で焼失してしまったのでした。

亀山上皇の勅願寺であったことから、寺跡には元寇の際に敵国の降伏を祈願した「祈願石」、そして「蒙古碇石」「地蔵菩薩板碑」などがあります。

とのこと。ちょうどこの石碑のある「冷泉通り」から東側は、旧「冷泉小学校」の敷地で、その場所にかつて【大乗寺】があったらしい。

通りの向かいには『冷泉公園』。↓

『福岡の文化財』HP内の「大乗寺跡」の項も参照してみます。↓

【大乗寺】は空海の開基。建治三年(1277)、奈良西大寺の叡尊が再興し亀山上皇の勅願寺となりました。正保元年(1644)、福岡藩二代藩主黒田忠之が再興して真言宗に転じます。

大正9年(1920)、大手門1丁目に移転したが1944年の空襲で消失。

さて、こちらの跡地に並んでいる石碑を見てみましょう。

真ん中のお地蔵さまが刻まれているのが「地蔵菩薩板碑」。そして右端には「大乗寺跡」の石碑が見えます。↓

この写真の真ん中が「亀山上皇の勅願石」で↓

こちらの右から2つ目が「蒙古碇石」とよばれるもの。↓

これはその名の通りで、元寇の際に蒙古軍の船の碇(いかり)として使われた石なのだそうです。

空海の開基、そして亀山上皇や黒田藩に縁があるという、そんな由緒を持つ【大乗寺】。

書籍『博多 旧町名歴史散歩』には↓

【大乗寺】は現在、鎮国寺(宗像市)に合併されています。

とありました。


【大乗寺跡】

福岡市博多区上川端町6