どっちがどっちでなにがなんだか【阿恵日守八幡宮】

先日、福岡県糟屋郡志免町の【御手洗神社】を訪ねました。(→宇美(川)は広いな大きいな【御手洗八幡宮】)↓

宇美川の川沿いに鎮座している神社で↓

名前の由来はこんな具合でしたよ。↓

神功皇后が三韓出兵より帰還され宇美での出産へ向かう途中、この地で手を洗われたことから八幡宮をお祀りしています。

志免町のHP内にある方ヶ島(ほうがしま)のページを参照してみると↓

神功皇后は、三韓出兵から帰還。姪浜(福岡市姪浜)の袖浜に上陸されました。香椎宮(福岡市香椎)にて、御産所をどこがよいか占うと「蚊田の邑」(宇美)となったのでその地へ向かうことに。

とあって、そして↓

道のそばの川で手を洗われたので、その地は「御手洗」とよばれるようになり、方角を尋ねられたところが島のように小高いところだったので「方ヶ島」に。

さらに続きます。↓

陣痛が起き「はらいた」と言われたので「原田」。

も一つ続いて↓

道端の石に腰掛けて「日を守りたまいて(太陽をじっと見て)今何時か」と尋ねられたので、この石を日守石と名付けられました(粕屋町阿恵日守八幡宮)。

そんなこんなで

神功皇后は「蚊田の邑」(宇美)に到着して、無事に応仁天皇を出産されたのでした。

こうした神功皇后にまつわる言い伝えが、ここ糟屋郡にはあるのです!!

そこで私は今回、「日守石」を探し求めて【阿恵日守(ひまもり)八幡宮】を訪ねてみることにしました。↓

福岡空港から宇美川を渡り↓

須恵川も渡ります。↓

扇橋の交差点を突き抜けて↓

福北ゆたか線の踏切を渡る。↓

そして突き当たったところを左にね。ここは交通量が結構多くて大変。↓

曲がったところで到着です。こんにちわ。こちらが【阿恵日守八幡宮】。↓

鳥居をくぐって失礼しますよ。↓

先ほども紹介しましたけれど、この地で神功皇后は一休み。太陽をじっとみて、そして時刻を尋ねたというわけ。

その時に腰掛けたという『日守石』があるかもしれない、こちら【阿恵日守八幡宮】。

扁額には「八幡宮」。↓

境内で↓

拝殿。↓

ちらっとね。↓

社殿全景。↓

合祀記念碑。つまり合祀されたということ!!↓

境内に由緒書きとか案内書きなんかはないんです。

境内社。↓

ご神木の↓

根の所にあるこの石が、ひょっとすると日守石なのかしら。↓

とか思ってたら、なんと近くにもう一社【日守神社】があるらしいんだよ!?

はあ!?


【阿恵日守八幡宮】

福岡県糟屋郡粕屋町阿惠288