そんなつもりなく市民の森へ【油山市民の森01】

先日、ふと、【油山観音】を訪ねてみようと思い立ったんです。【油山観音】は福岡市城南区の油山そばにあるらしく、↓

たしか南区にある『花畑園芸公園』には、油山へと向かうルートがあった覚えがあります。そんなことを思い出しましたので↓

とりあえず園芸公園へ行けば、あとはなんとかなるんじゃなかろうかと考えたのでした。こんにちは。↓

というわけで、まずは『花畑園芸公園』へ向かいたいと思います。↓

いつものように、りんごとみかんの門柱がお出迎え。お久しぶりですといった感じです。↓

ちなみに、ちょっぴり下調べをしたところ、園芸公園の西口を出て、そこから山の方角へ歩いていけば、目的地の【油山観音】へいつかきっと必ず辿り着くみたいな感じなんです。↓

そこでさっそく西口出入り口まで行って↓

ゲートを抜けていざ出発。↓

この辺はもうずっと坂道で↓

南区の先は無無無。↓

「夫婦石浄水場」をさっと通り過ぎ↓

そして「油山ゴルフ場」もすっと通り過ぎます。↓

くねくねのびる舗装路を、車に気を付けながらしばらく歩いていくと↓

道路の真ん中に【市民の森側入り口】の案内を発見。ねえ、みんな、ちょっと注目!ここでみんなに大事なお話があります。聞いてください。↓

【油山観音】へ向かうにはここで右へ曲がるのが正しい道筋。なんだけど、その時は知りませんから。結局間違えて、↓

そのまま【市民の森】へ入っていってしまったのでした。つまり今回、『油山観音』は訪ねてません。

そのお話はまた別の機会にお願いします。(※あらためて『油山観音』を訪ねたお話はこちらで!↓)

さて、引き続き先へ(市民の森内)進むと右手に案内が出ており、そこには「香りの散策路」とかなんとか書いてあります。もう『油山観音』へ向かっていないことは、頭の中でうすうす承知。

ここでは散策路へ寄らず、そのまま歩き続けていると、舗装路の真ん中にPのマークの精算機が立っているじゃありませんか。

これはたぶん駐車場料金の精算機。ちなみに徒歩の人は脇から進むことが出来るから。慌てないで。安心して。↓

それからもどんどん案内に導かれて↓歩いていきますよ。↓

階段を上った先には↓

ぱあっと視界が開けてそこは大きな駐車場。

駐車場奥まで進んだら、案内図と説明書きがありましたので

さっそく読んでみたいと思います。↓

油山自然観察の森。この森は福岡市が野鳥や昆虫等の小動物とのふれあいの場を整備したもので、ネイチャーセンターなどの施設があります

とのこと。いったん現在地を確認しておくと、こういう感じ。↓。

そこからもう一つ階段を上ると、やたらと立派な建物が立っており↓

周辺にはキッズがたくさん溢れている。興奮状態で走り回っている。↓

そこで広場を離れて、森の方へ足をのばしてみると↓

「黒の原林道開設記念」の碑、だとか↓

「自然観察路入り口」の案内だとか、↓

そしてこっちには「ネイチャーセンター」まであって、コンテンツが盛りだくさん!嬉しい悲鳴といったところです。↓

ここでいまいちど、案内図を確認しておきましょう。市民の森はとっても広い。↓

そんなこんなでウロウロしていると、おや、ここから登山コースがのびている。↓

でも今回、登山はなし。でも散策はあり。というわけで、ゆるやかな舗装路を上へ上へと散策してみることにします。↓

すると案内が立っており、そこには『つり橋』『展望台』の文字がうきうきに躍っている!踊り狂っている。怖そうだけど楽しそうでもある!

だからさっそく向かってみます。そのお話は次回に!↓


【PR】観察の練習 単行本

【花畑園芸公園】

福岡市南区柏原7丁目571-1

【油山市民の森】

福岡市城南区東油山