商店街の!商売繁盛の!守り神【竹下地禄神社】

前回の続きです。

前回、博多区那珂地区にのびる路地奥の細道をぐぐっと進んだところに

『奥の観音』を訪ねました。

そしてそこで読んだ『奥の観音』由緒書きによれば

ここ『奥の観音』はひょっとして目の病にご利益があるかも!?いやないかも!?あるある!的なお話が記してありました。これが前回のあらすじです。

さて今回は、JR竹下駅そばに鎮座するという【竹下地禄神社】を訪ねたいと思います。↓

駅前通りの右手から脇へと逸れるこの小道を!↓

何も考えず無の心で真っ直ぐ進みます。↓

すると小さな小川に小さな橋が架かっており↓

その小さな橋を渡ったところが境内で

おやおや左を見てみると

そこに鎮座するのは【竹下恵比寿神社】。

そばに由緒書き。↓

さっそく読んでみましょう。↓

もとは若宮町湯の浦山麓に石祠を建立したもの。昭和33年に商店街の商売繁盛の守り神としてお迎え申し上げました

(※若宮町というのは今の宮若市のことだそう。また「湯の浦地区」に関しては分かりませんが、「湯原地区」ならこちらのgoogleマップに見つけることができました。↓)

境内を先へ進むと↓

こちらは【竹下地禄神社】。↓

町民館があって↓

手水舎。↓

狛犬。↓

撫で牛。↓

そして拝殿。↓

からの本殿。↓

さらに裏の鳥居。↓

境内全体の雰囲気はこんな感じ。といったところで参拝はおしまい。そして↓

竹下地区界隈の散策も、これにていったん終了。

例えばもしも、イケてるシャツを買いにララポートへ来る機会があったら

 

ついでに竹下・那珂地区界隈を散策されてみるのもいいかもしれません。

ちなみに!帰りしなに!商店街へ向かってなんとなく小道へ入ってみたら

そこには『山浦天神』が。

え待って!?とか言って確認してみたら、ばっちり写真図にのってました。現場からは以上です。

読んで下さりありがとうございました。

完。


【PR】工事現場文具 コレクションミニレターセット

【竹下地禄神社】【竹下恵比寿神社】

福岡市博多区竹下5丁目9