沼にはまった日のラーメン【ラーメン住吉亭】

福岡市博多区の『JR竹下駅』近くで用事がありましたので、以前から気になっていた【ラーメン住吉亭】まで足を延ばしてみることにしました。こんにちは。↓

竹下駅前の「竹下通り」!を博多方面へと歩いていると

わりといきなり「アサヒビール博多工場」がダダダッと建ち並んでおり↓

そこからちょっと先の「竹下2丁目」交差点を右折して↓

「きよみ通り」に沿ったり沿わなかったりしながら、そこからさらにふらふら道を入っていくと↓

通りの角っこのところに【ラーメン住吉亭】が現れたのだった。↓

すぐそばには春住小学校があって、この時はちょうど下校の時間だったみたい。

というわけで、さっそくお店の中へ入ってみますよ。↓

店内はカウンター席のみ。紅ショウガ、辛子高菜、ごまなんかがセットしてありました。手振れがすごい。やばい。

壁のメニューをぼんやり見ていると、他の知らない客がなんか「ラーメン・ねぎ大盛」とか言って常連風に注文している。ふーんとか思ってさらに隣りの人のラーメンをチラ見すると、丼にいい感じの量のねぎが盛られていて美味しそうな感じ。

 

それじゃあ私も、というわけで100円追加。ねぎがモリモリになったラーメンがやってきたのであった。いただきます。↓

え、待って。待って待って待って待って待って待って。麺見えてなくない?なくなくない?

厚みのあるねぎが丼からこぼれ落ちそうになっている。こぼれてもいる。

このラーメンの第一印象を聞かれたならば、こう答えたい。「ねぎの山盛にラーメン少し添えてみました」と。

とにかく、バリバリっとねぎを噛みしめます。噛んでも噛んでも噛み続ける。あれ、何やってるんだろう。噛めば噛むほど想いが強まる。

つまりですよ。さっきチラ見した隣りの人のラーメンは、ネギ盛ではなくデフォのシンプルラーメンだったのだ!!もともとすでにネギ多めっぽい。

で、肝心のラーメンはといいますと、スープは豚骨で、わりとあっさりめ。甘みというか、いつものとんこつスープとは違う、独特の香りがありました。

そこに、ねぎとかきくらげ混ざり合うって感じ。そんな暴力的なハーモニー!?

麺は中細麺のストレート。そしてチャーシューは薄切りで、柔らかく素朴な味わいでした。

無心になりながらがっついていると、店員さんが察したのか、取り皿を渡してくださいました。

おそらく良くあるパターンなんでしょう。

さて食べ終えての感想なんですけど。聞いてください。今日は人生で一番ねぎを食べた日。はまる人はズブズブはまる、ねぎの底なし沼。

でもね。まずは、普通のラーメンからチャレンジしたほうが良いと思います!?まる。


【PR】底に沈まないレンゲ付きラーメン丼

【ラーメン住吉亭】

福岡市博多区博多駅南5丁目5-1

営業時間:11時-17時
定休日:日曜日
(※要確認)