元寇とかまじでやめて欲しいじゃん!?【祖原公園】

福岡市早良区にある【祖原公園】を訪ねましたので、そのお話です。↓

福岡方面から六本松を過ぎて↓

荒江の交差点から早良街道を右へ入っていきます。↓

通りをしばらく進んだら、祖原公園東口の交差点から左へ曲がり↓

そこから坂道をくいくいっと上っていくと↓

ちょうどそこは【祖原公園】の入り口だったのだ!!こんにちは。

入り口すぐのところは広場になっていて↓

そこで案内図をすかさずチェックです。↓

公園入り口まで坂道を上ってきましたので、すでにちょっとした高さがあるんだけど、公園はここからさらに小高い丘になっています。

丘というか、ここは小さな山なんだそう。祖原山。それではさっそく公園をぐるっと一周散策してみましょう。

広場を抜けると石碑が立っていて↓

こちらは『五穀神』。五穀豊穣の神。

しっかり碑の裏側も見てみたりチェック。↓

少し先にもまた別の石碑が立っており

 

こちらには「元寇遺跡」と記してあります。↓

石碑のすぐそばに説明書きもありましたので↓

読んでみるとこんな具合。↓

鎌倉時代に、元軍が日本を侵略しにやってきました。文永の役。対馬、壱岐、平戸島、鷹島、能古島に襲来した元軍。博多湾に現れるや、今津そして百地原に上陸

それを迎え撃つ日本軍は↓

赤坂、鳥飼の一帯で元軍と交戦します。元軍はここ麁原(現在の祖原)に陣を構えましたが、その後撤退。二度目の侵略(弘安の役)も失敗に終わりました

つまり、この地は元寇の古戦場だったということみたい。↓

公園通路はここかららせん状にてっぺんまで上っていく仕組みで↓

北の方角を見やると、うっすら福岡タワーの姿を確認することができます。公園周辺は住宅街だけど、かつて海岸線はもっと近くだったことでしょう。

(※百道の元寇防塁のお話はこちらの記事で!↓)

さて上り終えると、そこは小さな広場になっており

広場に立つ石碑には『元寇麁原戦跡』と記されていました。↓

そこからまた別のルートで下ってみたら↓

やたらイケテル感じのイケ猫がいて↓

それから二人で色々しゃべってたんだけど、多分元寇の話しだった気がする。


【PR】猫語の教科書 (ちくま文庫)

【祖原公園】

福岡市早良区昭代1丁目7