はあ!?屯水水門!?【四王寺県民の森センター03】

前回の続きです。

前回、【四王寺県民の森センター】内にある「ワンヘルスの森ミュージアム」で四王寺山に関する興味深い資料を眺め、ぐっと感動したのでした。

では今回も引き続き見学していきますよ。(展示物から参照させていただきます。ありがとうございます)

さて、こちらは「信仰」としての四王寺山のお話で↓

さっそく読んでみると↓

古代山城としての大野城は9世紀後半には役割を終えました。宝亀5年(774)年には新羅からの攻勢を妨げるため四天王寺(四王寺)を建立。寺院の位置は明らかではないが、発掘物から山頂付近ではないかと考えられています

続きます。↓

山麓にもいくつかの寺院が建立され、一大聖地として祈祷が行われましたが、戦国期の天正14年(1586)、寺院は姿を消すことに。近世になって、33観音霊場や毘沙門天詣りなどの信仰習俗は続き、山は信仰の聖地として象徴づけられました

とのこと。また「城門」のお話もありましたので

こちらも参照させていただきます。↓

城内への門は9ヶ所確認されており、宇美口城門のあった北の百間石垣(約180m)はここから近くおすすめ。城内には奈良時代から平安時代にかけて造られた礎石建物が70棟確認されています

とありました。他にも、古代山城としての四王寺についてだとか↓

また「県民の森全体図」も。それぞれチェックしたら↓

そろそろ退出のお時間です。さっそく1階へ下りると↓

ベンチ前にも壁に貼られたステキなイラストが。ひと通り見終えてから↓

センターをあとに歩き出したところ、おや?出入り口にも説明書きを発見。さらに礎石の姿まで!なんなんすかこれ。

さっそく説明書きを読んでみると↓

大野城宇美口(北口)城門礎石。この礎石は百間石垣のそば、四王寺川の川底から発見された大野城の宇美口城門礎石。現在確認されている大野城の城門は宇美口・太宰府口・坂本口・水城口の4ヶ所。北向きの城門は宇美口のみ。尚研究の余地を残している

だそう。

さてセンターを出て、やって来た通りの道をそのまま引き返していたら

来るときにはさっぱり気づかなかった『屯水水門』の案内が立っていましたので↓

さっそく上ってみることにします。↓

この案内の、矢印がぐいんってなってる向こう側の↓

ここがどうやら屯水水門っぽいんだけど、果たしてどうでしょうか。

っていうか『屯水水門』ってそもそも何?ぐっと謎も深まったところで

今回はこれにて解散(唐突)。お付き合いいただきありがとうございました。完。

【四王寺県民の森センター】

福岡県糟屋郡宇美町四王寺207