間が悪いと色々ある【大隈言道屋敷跡(ささのや)】

ずいぶん前のことですけど、中央区平尾にある【平尾山荘】を訪ねました。勤王の女性歌人で知られる「野村望東尼」の山荘跡です。(→おもしろきこともなき世をおもしろく【野村望東尼】)↓

その時に初めて、野村望東尼には歌の先生がいて、それは大隈言道という人物だと知ったんです。↓

また先日、福岡市中央区警固の【香正寺】を訪ねた時、お寺の境内に大隈言道のお墓がありました。↓(→囲碁ができれば楽しいに違いない【香正寺】

で今回、福岡市中央区の今泉に【大隈言道の屋敷跡】があると聞きましたので、訪ねてみることにしました。

『西鉄薬院駅』から↓

薬院新川に沿って歩いていくと

「薬院記念公園」のところに案内が出ていて↓

左に入っていくと、細くて交通量の多い通り。↓

その先に、三角形みたいな形の公園『今泉公園』があって

桜の感じがいい感じ。お昼時ってこともあって、桜を見ながら、みんななにかしら食べているっぽい。↓

公園の先っぽのところに石碑がありました。どれどれとか言って見てみると、なんだか違うんだな。↓

【吉岡禅寺洞句碑】とかいてあって、歌が記されている。↓

こがねむしが眠っている 雲たちはパントマイム

吉岡禅寺洞という人だそうで、ネットで調べてみました。すると福岡市中央区のページ「俳人・吉岡禅寺洞の句碑」に記載がありましたので参照します。↓

明治22年(1889年)に箱崎で生まれ、本名は善次郎。今泉に移住。高浜虚子に心酔し、禅寺洞と号して俳句雑誌「ホトトギス」に投稿を続けて認められました。無季・口語の俳句を提唱し「ホトトギス派」から除名。新興俳句に大きな足跡を残し、昭和36年(1961年)今泉の自宅で病死。「季節の歯車を 早くまわせ スイートピーを まいてくれ」が辞世の句。

とのこと。

さて肝心の『大隈言道の屋敷跡』はといいますと、これがどこを探してもない。まじまじ。

公園を体感で100周くらいしたけどないんだわ。↓

でもね、ちょっと気になることがあるんです。奥の方で工事やってて↓

工事のパーテーションというか、仕切りのところに大隈言道の情報があれこれ記されているんだよ!!↓

不思議だなあ。案内板も石碑もないんで、wikipediaの大隈言道の項を参照します。↓

江戸時代後期の歌人で、池萍堂(萍堂)・篠廼舎、観水居などと号した。二川相近に師事して和歌を学び、30歳代半ばで独自の歌風を築いた。また、広瀬淡窓に師事して漢学を学んでいる。佐佐木弘綱、萩原広道などとも交友があった。歌集に「草径集」、「続草径集」がある。

そして

今泉公園の東側に、大隈言道の旧居「ささのや」の跡があります。今泉の地に住み、その家を「ささのや」と号しました。昭和41年に旧居は取り壊されたけど、碑は有志の手によって「今泉公園」に移されました。

とのこと。

とりあえず、間が悪いでおなじみの私です。こんにちわ。

春だなあ。


【大隈言道屋敷跡】

福岡市中央区今泉1丁目9