隕石が桶の中に落ちる確率は低い【沖濱稲荷神社】

福岡市博多区古門戸町。

その「大黒通り」沿いに鎮座するのが【沖濱稲荷神社】です。↓

そばに由来書きがありましたので、読んでみますね。↓

古来の伝承によりますと、この付近の海岸であった「沖の浜」に、遣唐使として唐から帰国した空海(弘法大師)が立ち寄りました。

そしてこの地で船旅の疲れを癒し、しばしまどろんだのでした。

そしてまどろみの中で空海はこんな夢を見たのです。↓

雲に乗った「稲荷大明神」が現れて、空海にお告げを授けます。『高野山に弘道の本拠を開くべし』。

そこで空海は

まずこの地に「光照寿院(弘法大師堂)」と「稲荷社」を建立し、そして高野山にて「金剛峰寺」を建立したのでした

という言い伝えがあるのだそうです。

また1777年(江戸時代)のこと。↓

ある時、町内の酒屋の大桶に星石が落ち、人々はこれを宝珠石と称しました。そして【沖濱稲荷神社】のご神体として信奉したのでした。

この石はなんでも、見ると目がつぶれてしまうという恐ろしい物体だったらしい。

そして時は過ぎ

のち太平洋戦争中の昭和20年6月19日の空襲により【沖濱稲荷神社】は戦災を受け、その時に石も行方不明になってしまいました。

そして現在に至ると。惜しいものを無くしてしまいました。

さて、境内左には『川上音次郎生誕の地』の石碑と↓

案内板があって↓

他にも、戦災者を供養する『戦災地蔵』や↓

『旧対馬小路』の石碑がありました。↓

「対馬小路」は、対馬藩の蔵屋敷があったことからついた地名なんだそうですよ。


【沖濱稲荷神社】

福岡市博多区古門戸町3-8