それは距離にして1.5キロのロマン【那珂中央公園】

前回の続きです。

前回、古墳時代初めの道路跡である【那珂中央公園】を訪ねるべく↓

JR竹下駅界隈をあちこち歩いているうちに

『那珂石投げ地蔵』に辿り着いたのだった。

さて今回は、いよいよ【那珂中央公園】へ向かいます。

今いちど写真図で位置関係を確認しておくと(※現在地には別の場所が示されています)↓

ここ『石投げ地蔵』と『那珂中央公園』はもう目と鼻の先!これ楽勝。

おおよその目星をつけて、この辺りから右の小道へ入ってみると

な!?に!?ぬ!?ね!?ね!!

大正解。まるで絵に描いたような公園の入り口です。

目の前に広がるのは、公園というかむしろグラウンドって感じで

道路っぽくはなくなくなくないです。

今のところ情報がなにもありませんので、ぐるり一周まわってみることに。

するとちょうど一番奥のところに遊具があって活気がある雰囲気。

それもその筈、こちらが本当の公園入り口だったんです。

オブジェがあって説明板もあって華やかな感じ。↓

まずは説明板のほうから↓

チェックします。

公園工事前の発掘調査で、古墳時代の道路跡がみつかりました。幅7m前後で両側に直線的な側溝があります。道路跡は公園を南北に縦断しています

続きます。↓

公園から北150mに那珂八幡古墳があります。道路跡はその西側に向かってのびています。見つかっている道路跡をつなぐと、道路の長さは1.5キロ以上。古代都市のメインストリートと推定されます

説明図に線を入れてみると、こんな感じ。↓

ちなみに、そばにあるオブジェは古代道路とは関係なくて↓

読んでみると↓

練炭碾臼(れんたんてんうす)。この円形の石はかつてこの地で創業していた峯重燃料工業が、練炭を製造するために碾いていた石臼

入り口に石臼。まあそれはさておき、肝心の道路跡ですよ!!せっかくの機会ですし、説明図を参考に道路を辿ってみることにします。

 

南を見ると道路跡には民家が建っていて↓

道路跡は民家を突き抜けた後、今度は公園を北へ向かって貫きます。↓

広場を縦断して↓

公園を出てからも進み↓

そして駅前通りを渡って、あの森のように見える『那珂八幡古墳』の左側(西側)の

多分この辺りをさらに先へと進んでいくわけです。その距離1.5キロのロマンである。↓

これにて道路跡の見学は無事に終了。ちなみになんですけど、この公園すぐそばには『奥の観音』があるらしいんです。写真図によると。

次回はそのお話をお届けしたいです。↓


【那珂中央公園】

福岡市博多区竹下5丁目11