水城ゆめ広場にあなたは来ない02【水城07】

前回のあらすじです。(→水城ゆめ広場にあなたは来ない01【水城07】)↓

福岡県大野城市にある【水城ゆめ広場】へやってきました。そしてその向かいにある丘の上の公園から、私は【水城跡】の土塁の姿をうっとり眺めていたのだった。

で、今回はといいますと

【水城ゆめ広場】の森の中へ入って、【水城跡】の西端がどうなっているか見てみようというわけです。↓

広場休憩所にあった水城跡の写真には↓

水城跡の西の端がしっかりと記してあって↓

広場入り口辺りはもう水城跡ではないようなんです。ずっと手前のところで終わっているみたい。↓

この休憩所の写真でもう一つ気になったのが、こちらの土器っていうかお皿。↓

「水城」とサインみたいに書いてあって、まるで観光土産のようなルックス。この微妙な感じがぐっとくる!!お土産で売ってたら買いたい!!

さて、言いたかったことが言えたので、出発したいと思います。遊歩道はきれいに整備してあって、とても気持ちが良いです。スキップしたい。

ちょっと歩くと案内板があって↓

西側丘陵のあれこれが書いてあります。↓

水城は東側に四王寺山、西側に背振山系からのびる丘陵がつながり、土塁と濠そして自然が一体となって防衛線を形成していました。新池周辺は貴重な里山として親しまれ、昭和の初めには『思水園』という庭園が開かれました。

とのこと。こちらは地図。↓

ゆるやかなアップダウンが少しあって↓

分かれ道が私を惑わす。左へ行くと「思水園」ですが↓

そこは後で訪ねますので、まずは右から攻めたい。↓

そして道なりに歩いていくと↓

「水城の自然地形利用」という説明板があるので↓

読んでみます。↓

水城の名は、水を貯えた濠と土塁に由来します。自然丘陵が平野に突出しているこの辺りを選び、土塁を丘陵に取り付けています。前面の谷を調査したところ、2m以上深いところに谷底があり、そこに水が集まっていました。水の流れを計算して、内濠に水を導いていたというわけです。

その図。↓

そして隣りにはこんな案内も。『水城院跡』。↓!?!!

怪しい雰囲気を醸し出す、謎の院。もちろん訪ねてみましたけども!!そのお話はまた次回でね。お願いします。


【水城ゆめ広場】

福岡県大野城市下大利5丁目12