象なんだゾウ【馬出小学校動物園跡】

福岡市東区馬出の【馬出小学校】へ行きました。というのも↓

現在、南公園にある『福岡市動物園』は、かつて東区馬出(まいだし)にあったらしく↓

その当時の名残が、今でもいい感じに残っていると聞いたんです。↓

それが、こちらの【馬出小学校】の辺りとのこと。↓

校門そばに案内板がありましたので↓

さっそく読んでみます。↓

かつてこの場所には 動植物園がありました。千代・堅粕といった東部地域の発展を期して、昭和8年(1933)に市民の寄付で開園。

約1万7000平方メートルもの敷地を持った動植物園は、「御大典記念・福岡市動植物園」として東公園に開園(当時の写真を案内板より参照)。↓

現在の位置関係を見てみるとこんな具合です。↓

つまり、当時の東公園はもう少し広かったのかしら。続きます。↓

太平洋戦争の戦局悪化のため入場者は減少し、動物飼育も困難に。諸事情も重なって、昭和19年(1944)に閉園することになりました。

その時、動物園の大型獣は殺処分されたのだそうで、詳細が福岡市動物園のサイトにありました。

動植物園の跡地は、まず「福岡中学校」として、それから【馬出小学校】として活用されています。

その【馬出小学校】に残る動植物園の名残。それがこの正門なんだな!!↓

高さ約4メートルでキリンの形。象の頭が飛び出して、お互いがメンチをきっている。そんな感じ。1992年に修理復元されているのだそうです。

ドイツ「ハーゲンベック動物園」正門を参考に建てられたと聞きましたので、さっそく見にいってきたよ。ストリートビューだけど。↓

動物園の園内には、なぜか東洋風の建築物がある。↓

門がないので動物園をぐるっと回ったら↓

今でも現役(レプリカかも)なのかな。元祖だけあって、門上にのってる動物の種類も多いな。↓

さて。ところでね、【馬出小学校】に残るこちらの門の他にも、当時の動植物園の名残は残っているらしいんです。

wikipediaで馬出小学校の項を参照してみると↓

動植物園の園内には「池」と「浮見堂」が設けられていました。「池」は学校の池としてそのまま残っていて「浮見堂」は大濠公園に移設されました。

学校内には入れないので「池」の様子は分からないけれど、大濠公園の「浮見堂」ってのは、これ。↓

1944年に閉園した動植物園。戦争が終わり世の中が落ち着き始めた1953年(昭和28年)、元の場所ではなく南公園に、あらたに動植物園が開園したってわけです。




【動物園跡/馬出小学校】

福岡市東区馬出1丁目12-27