思いがけないから油断できない【菅原神社/警固】

「城南線」から赤坂方面へ向かう途中のこと。

通りから一歩細い道へ入ったところに

公園がありました。↓

「警固第1公園」というらしい。↓

その横には鳥居があって↓

その先を見るとなんだか薄暗い。こちらが【菅原神社】。↓

名前から察すると、菅原道真に縁のある神社かな。違ったら面白いけど。

鳥居をくぐって細い参道を、私は優雅に歩きます。↓

通りの脇に石碑がいくつかあるけれど、詳細は分かりません。↓

隣りの公園はきれいに整備してあって明るいいっぽう↓

こちらはなんだか鬱蒼としている。↓

案内板はきちんと設置してあって↓

読んでみると、おおよそこんな具合。

ご祭神は「菅原道真公」。

延喜元年(901)、道真公は都を旅立ったあと博多の津に上陸しました。そして大宰府へ向かうわけです。

当時、この【菅原神社】周辺は海の入り江で、道真公が道中この辺りの砂浜へ立ち寄り、ひと休みしたとの言い伝えがあります。

別名「田の中天満宮」ともよばれ、長い間大切にされてきたけれど、時とともに元の社殿は朽ちて石垣だけが残りました。

でも、のちに再建されたんだよ。

とのこと。

そういえば道真公は『平尾八幡宮』にも立ち寄っていたな。境内には道真公が腰掛けた石がありました。(→ビッグネームが訪れがち【平尾八幡宮】)↓

階段をのぼると、少し拓けたスペース。こちらが境内でしょう。

石柱には梅の紋。

左手奥には小さな祠がありました。こちらが社殿。↓

そして右手にはいくつか歌碑が立っていて

玄洋社社長であった進藤一馬や岩田屋の社長であった中牟田喜一郎といった人たちの歌だそう。

また、境内にはベンチまで完備してあります。だけど

一休みしようかなあ、と思わせない雰囲気!!隣りに明るい公園もありますし!!

とにかく思いがけない道真公との出会いでした。


【菅原神社】

福岡市中央区警固2丁目6-15