ビッグネームが訪れがち【平尾八幡宮】

福岡市中央区にある【平尾八幡宮】を訪ねました。

『西鉄平尾駅』から徒歩10分ほど。高宮通りから住宅街に入って、ゆるやかな坂を少し進めば鳥居が見えてきます。

ご祭神は八幡大神(応神天皇)、神功皇后(応神天皇の母神)、珠衣姫命(神武天皇の母神)の三神。

由緒書を読んでみます。↓

ずっと昔、仲哀天皇と神功皇后が熊襲平定そして三韓遠征のため、九州へやって来ました。

その際に休憩地として選んだのがこの地(当時は少し離れた場所)。

そして今度は豊臣秀吉がやってきた。

秀吉は、仲哀天皇と神功皇后が立ち寄ったという言い伝えを重んじて九州遠征の際にこの地(同上)を通ったといいます。

だそうです。そして

もとは『古宮』と呼ばれていて、今の場所から少し離れたところにあったけれど、17世紀になって現在の場所へ移されました。そして18世紀に社殿が建てられました。

こちら本殿。↓

境内の片隅には【平尾天満宮】が鎮座しています。こちらには『菅原道真公』が祀られている。↓

というのも、道真公もまた、大宰府へ左遷される道すがら、この地(平尾山麓の丘)へ立ち寄っていたそうなのです。

そして石に腰掛けて町を見渡し、自身の境遇に頬を濡らしただろうということ。

【平尾天満宮】は昭和61年に平尾3丁目の高台から現在の場所へ移遷されたと書いてあります。



道真公が腰掛けたという石のレプリカ(菅公御休之石)がこちら。↓

また、【平尾天満宮】は「川面に映った自分の姿を見て、そのやつれ具合に落ち込んだ」という道真公のエピソードから『容見(すがたみ)天神』と呼ばれることもあるとのこと。

こちらは【山之神社】。金運・財運そして家内安全にご利益があるらしい。↓

道真公と同じように石に腰掛けて、ちょっと黄昏れてみるのも良いかもしれません。

試しに石に腰掛けてみると、こんな具合。↓

ちなみに【平尾八幡宮】へやってきた順番でまとめてみますと…。

まず仲哀天皇と神功皇后、それから道真公がやってきました。

そして豊臣秀吉がやってきてから、私もやってきたんだな!!ハロー。


【平尾八幡宮】

福岡市中央区平尾4-10-38