ヒーローはわりと旅に出たがり【岩見重太郎生誕之地】

天気の良い日です。↓

とあるラーメン屋を目指して、東区名島付近を徘徊していたんです。

そしたら通り沿いの広場に

石碑を見つけました。↓

この通りの名前は『岩見重太郎通り』というらしく↓

小さな細い通りなんだけど、その名も「岩見重太郎」とは、いったいどなたなんでしょう?

ここ名島が生んだ世界的な偉人だろうか。岩見重太郎なので略して岩重とか呼ばれて、地域の人々に親しまれているのかな。

誰だか気になった私は、この広場(お観音様広場)の中に入りそして石碑に近づいてみました。すると↓

この地はどうやら岩重(私が勝手につけたあだ名)が生まれた場所らしいんです。

そばに案内板がありましたので読んでみる。この岩重なる人物、なにやらとんでもない漢っぽい。もうめちゃくちゃ強いとかいってる。

全国各地を渡り歩き、そして色んなものと戦いまくりで勝ちまくり。数々の武勇伝を残す伝説の剣豪らしいんです。

私、名島でやばい奴に出会ってしまった。さて、そんな岩重の生い立ちはといいますと。↓

名島城城主であった「小早川隆景」の剣術指南役であった「岩見重左衛門」の、次男として生を受けました。

兄の名前は重蔵で妹はお辻。

こちらの広場からすぐのところには、名島団地(三の丸団地)が広がっていて、その名の通りでそこはもと「名島城三の丸跡」。↓

その下に内堀があって、そのそばに家臣の屋敷があったとのこと。その屋敷のどれかが、岩重こと重太郎の生家というわけ。

で、重太郎のお話は続きます。↓

岩重の父「重左衛門」は、指南役のライバルであった広瀬軍蔵に鉄砲で闇討ちにあいます。

さらに、復讐に燃える兄と妹も返り討ちにあいます。そこで立ち上がったのが重太郎つまり岩重。仇討の旅に出るのでした。

旅の道中で現れる狒々だとか大蛇だとか妖怪だとかとの戦いに打ち勝ち、ついに岩重は天橋立で復讐を果たし本懐を遂げたのだった。

こういうストーリーなんだけど、岩見重太郎というのは果たして実在の人物だったのだろうか。↓

諸説あるようですが、「実在した派」のお話では↓

「岩見重太郎」は仇討ののち「薄田兼相(すすきだかねすけ)」と改名。豊臣家に仕え、大坂夏の陣にて討死しました

ということらしい。→薄田兼相(wikipedia参照!)

真偽は置いておいて、岩見重太郎によるこの勧善懲悪の仇討物語は、どの時代にも人々の琴線に触れてきたわけです。そして時を越えて語り継がれていくうちに、お話自体もモリモリ盛られ、そして伝説へ。というわけ。

さて、広場内には他にも石碑やお堂があって↓

まず、こちらの大きな石碑。↓

そばの案内板には『龕塔碑』と書かれています。「がんとうひ」と読むらしく↓

龕塔とは、断崖や大岩を彫って作られた仏像を納める厨子(ずし)のことで、後に供養塔や墓碑などに用いられた。(東区市政だよりweb版より)

明治維新後の神宮寺の廃寺によって、この広場が荒廃しないようにという目的で建てられた【神宮寺跡の碑】。

そしてこちらのお堂には

観音様。

そのそばには、石碑がずらっと並んでいる。↓

これらの石碑は、神宮寺歴代の高僧を葬る墳墓とのこと。(東区市政だよりweb版より)

この小さな広場に、あれやこれやと歴史がぱんぱんに詰め込まれていました。もうお腹いっぱいだし消化しきれないよ!!

とか言ってるけど、本当はお腹空いてるんだよ!!だってもともとラーメン屋探してたんだから!!


【岩見重太郎生誕之地】

福岡市東区名島3丁目14-21