お兄さん見つかりましたよ!【掘出稲荷神社】

【福岡縣護国神社】を訪ねたときのことです。→コロ方式がなんのことだか分からない【福岡縣護国神社】

境内を散策していると、奥に境内社の【掘出稲荷神社】がありました。

そばにある案内板によりますと

大正年間福岡歩兵連隊兵士の夢枕に立たれ「吾は祐徳稲荷の弟なり、永き年月埋められたままである。今こそ吾を掘出し、吾を祀れ」と御神託が下り、その処から稲荷神の御神体が掘り出されました。その史実に基づいて掘出稲荷と命名されました。此の地に御遷座になったのは、昭和27年9月3日であります。

ご祭神は倉稲魂神(うかのみたまのかみ)。

どういうことかといいますと…。

とある兵士が寝ていると、その枕元に「祐徳稲荷の弟」がやってきて



自分を掘り出して祀って欲しいとのご神託。そこでさっそく掘り出してみると、稲荷神の御神体が現れました。と。

いやあ、不思議なこともあるもんだなあとぼんやり考えながら私は帰途についたわけです。

そばにあったけやき通り沿いのセブンイレブンでまったりしていたところ

妙なものが目に入ってきました。

それがこちら。↓

祐徳稲荷大明神。↓

祐徳稲荷!?さきほどの【掘出稲荷神社】に現れたのは【祐徳稲荷】の弟だったはず。

に、兄さん!?

おやと思って【祐徳稲荷神社】について調べてみると、こうありました。

佐賀県鹿島市にある神社。伏見稲荷大社、笠間稲荷神社とともに日本三大稲荷の一つに数えられる。年間300万人の参詣者が訪れる。これは九州の神社では太宰府天満宮に次ぐ参拝客数である。衣食住、生活全般の守護神として、商売繁盛、家運繁栄などで尊崇されている。
後陽成天皇の孫・左大臣花山院定好の娘の萬子媛が、朝廷の勅願所であった稲荷大神の御分霊を勧請したのに始まる。
明治の神仏分離により仏式の行事を廃し、祐徳稲荷神社に改称した。(wikipediaの祐徳稲荷神社の項を引用)

とのこと。こちらの大明神とどのようなつながりがあるかは分かりませんが、ひょっとしてと思ったんです。



ご自由にとのことですので、扉を開いて入ってみました。↓

お店の裏の細い敷地を↓

進んでいくと、奥の行き当たりに大明神。↓

「平成14年6月吉日」と記してあります。

お兄さんだったらいいんだけど

人(神)違いでしたら、ごめんなさい。


【掘出稲荷神社】

福岡市中央区六本松1丁目1-1

【祐徳稲荷大明神】

福岡市中央区赤坂3丁目8-30