雰囲気と言えばだいたい通じる【半道橋地禄神社】

福岡市博多区にある「山王公園」を抜けて(→まさるは良い名前です【山王日吉神社】)↓

御笠川の川沿いを歩いていたときのことです。↓

「きよみ通り」にかかる「平成大橋」の欄干が妙に立派で↓

私はいったいなにごとだろうと不思議に思っていたんです。すると橋の向こうにいい感じのなにかがあるよ。↓

この森の下の暗渠的なやつは、反対側にもあって、まるで秘密のトンネルみたいでかっこいい。↓

近づいてみると↓

ここは「御笠川緑地」だそうで↓

そこに【地禄神社】が鎮座しているという形になっているようです。↓

案内板がありましたので↓

ますは読んでみたいと思います。↓

地禄神社の由来。ご祭神は「埴安神(ハニヤスノカミ)」。建立は不詳とされていますが、かなり以前からだと古老に聞きました。

そして↓

古老の話によると二百年前には建立されていたと思われます。神社右側には二抱以上の松の木がありましたが今は枯れてありません。
「埴安神」は田の神様で、天神様と呼んでいましたが、それは誤りで、本来は田の神様で永年の間に天神様と呼ばれるようになっただろうと神官に教えられました。

ちょっと難解になってきました。私は「誤り」の部分が良く分からない。↓

でも仕方ありません。さらに続きます。↓

昭和初期まで子供達が正月に絵馬を祭り、七月に親達にダンゴを作ってもらいお祭りをしていました。
大正末期より昭和の初めにかけて、下半道橋に火災が多く発生。大人達は神社の祭りを子供達にさせているので、

そこで↓

それはいけないと神殿を再建し神官を迎えて新しく祭り日を決めて、大人が祭りをするようになってから、火災はピタリと鎮まり静かになりました。

犯人はつまり子ども!?なんだか暗に責めているような気もするけど、それはあなたの気のせいでしょう。



祭りを子どもに任せてたら、火事が起こってまじ勘弁。やっぱ大人が仕切るしか。

今時風に言えばそういうことでしょう。そして↓

その後、神社では「五穀豊穣」「家内安全」を祈願するようになり、今日、日々安らかであります。ちなみに古い扁額に「埴安神」「地禄神社」と並記されて、裏に昭和二年二月二十日再建、神職、小鳥井 寛次郎(大宰府天満宮元権宮司)と記されていました。また、昭和三十二年四月にも再建され、更に、昭和六十一年十月に再建されました。

とのこと。

では境内を歩いてみましょう。こちらは祠というか本殿というのか。↓

向こうに見えるのが、山王公園にある「博多市民センター」の建物。↓

これはなんというものですか!!↓

裏から見るとこんな具合。↓

御笠川が流れている。御笠川は最高。↓

天気の良い日は、ベンチでのんびりしている人を見かけたりもします。↓

雰囲気がいいんです。↓

からの、やっぱり御笠川。↓


【半道橋地禄神社】

福岡市博多区半道橋1丁目1−151−2