ずっと訪ねてみたかったんで02/02【宇美八幡宮】

前回、私は【宇美八幡宮】の境内を散策してみましたので(→ずっと訪ねてみたかったんで01/02【宇美八幡宮】

今回は少し足をのばして、【奥宮】を訪ねてみたいと思います。
【宇美八幡宮】境内の裏手から、「子安通り」を向こうへ歩いていくと↓

宇美川が流れていて↓

参宮橋を渡って、階段を頑張って上ると↓

案内が出ているので読んでみます。↓

【奥宮 胞衣ヶ浦神殿】当宮の主祭神である応神天皇(八幡様)の御胞衣(えな)を納めし処と伝えられています。

御胞衣とは臍の緒や胎盤などのことで、筥(はこ)に入れ保管していたと言われている。

とのこと。こちらは丘というか弥勒山という小山で、そこが宇美公園になっているらしい。

そしてその園内に【奥宮(胞衣ヶ浦神殿)】が鎮座していて、さらに「神領古墳群」まであるのだそうです。

鳥居をくぐると↓

小さな祠。↓

こちらが【宇美八幡宮奥院】(胞衣ヶ浦神殿)。↓

神功皇后が応神天皇を出産した後、胞衣(へその緒や胎盤など)を宇美川ですすぎ、箱に入れてここ奥宮(胞衣ヶ浦)に納め祀ったといわれていて↓

その【奥院】からさらに先へ進むと、公園らしく遊具があったり↓

古墳もありました。↓

ところでね、私にはもう一ヶ所行きたい場所があるんです。いいですか。いいともー。
ということで場所を移動します。【宇美八幡宮】の正面鳥居から↓

真っ直ぐ続く通りを、山の方へ向かいます。↓

そして坂を上る。ちょっと振り返ってみると、こんな景色。↓

そこからさらに進めば「井野山」登山になるんだけど、今日は行かないよ。↓

その手前の「井野公園」園内に鳥居があって↓

こちらは【八幡産宮】という、宇美八幡宮の「御旅所」つまり「頓宮(仮の宮)」。御旅所というのはwikipediaによりますと↓

神社の祭礼において神が巡行の途中で休憩または宿泊する場所、或いは神幸の目的地をさします。

とのこと。

さて、以前から訪れてみたかった【宇美八幡宮】をあちこち散策することができました。

でね、実際に訪れてみると、歴史の積み重ねに圧倒されましたし↓

なにより『神功皇后』のカリスマっぷりに、感動しました。

それでは、またの機会にね。お疲れ様でした。


【宇美八幡宮奥宮/胞衣ヶ浦神殿】

福岡県糟屋郡宇美町明神坂1-2-3