砲弾がある神社がある【仲島地禄神社】

福岡県大野城市。

御笠川を背にして西へ向かいます。そして大野城の住宅街を縫うように進むと、【仲島地禄神社】が鎮座しています。

周辺には、管制塔の形をした遊具が私の気をそそる『仲畑中央公園』や

貨布が発掘されたという『仲島遺跡』がある、そんな場所。

こちらの鳥居をくぐって↓

境内へ。↓

【仲島地禄神社】の由緒書きを読んでみると、こんな具合。↓

【仲島地禄神社】のご祭神は「埴安命(はにやすのみこと)」。

本殿内の飾屋形の中には直径20cmの宝鏡一面がご神体として納められています。

拝殿は2007年に改築されました。

『埴安命』は『伊邪那岐(イザナギ)』と『伊邪那美(イザナミ)』の二柱の神から生まれた、農耕社会における土地の神様で

また、『地禄神社』の『地禄』というのは

「大地から与えられている幸い」。つまりそれは「土地を富ませる」ということ。どちらも「豊かな土地の神様」でつながっています。

さて、境内には小さな公園があります。でもブランコは使っちゃだめみたい。修理中のようです。↓

こちらの小さな祠をのぞくと↓

猿のお面らしきものがあって↓

猿田彦の「猿」ということかなと思ったけど↓

ネットで調べてみると、こちらは「藪神さま(通称クロンサンとかオクロンサン)」とよばれるものなのだそう。詳細は分かりません。



こちらのお堂は『虚空蔵堂』。「虚空蔵菩薩」「毘沙門天」「多聞天」の三仏を祀っているそうです。↓

でね、なにより目を引いたのがこちらの砲弾ですよ。↓

「日露戦後記念」と書かれています。

私は初めて見ましたが、このような形で境内に砲弾が置かれている神社は、全国的にわりと存在しているみたい。

福岡県で調べてみても、例えば福津市の『東郷神社』や『楯崎神社』また八女市の『小野神社』などなど。

こうした砲弾というのは、戦勝による戦利品として手に入れたものを、神社へ奉納したケースが多いらしい。

ちなみに、「日露戦争」は1905年に終戦を迎えたわけですが

その年、博多駅前には戦勝記念として『日露戦争凱旋門』が建てられたとか。

その門はいったいどうなったんでしょう。気になるわあ。

【仲島地禄神社】

福岡県大野城市仲畑4丁目12-3