旧県庁舎の痕跡はどことどこどんどこどん【旧県庁舎跡】

前回の続きです。↓

前回、江戸時代の石垣を探し求めて、福岡市中央区の天神地区に建つ【アクロス福岡】を訪ねました。そして

そのついでに、以前にも訪ねたことのある、天神中央公園奥『福岡藩処刑場跡』へ向かってみたんです。

すると、現在、処刑場跡の碑が工事中で移動中!これもまた天神ビッグバンの影響か!?ようするに天神スモールバンなのか!?

まあ移動中とはいいましても、実際のところ、たかだか2,3メートルの距離。そしてそこからさらに2,3メートル離れた所には

なんだかギリシャっぽい雰囲気が漂う一帯があるのであった。ここはいったいどこなのか。

これはいったいなんなのか。天神ビッグバンによって福岡にもオリンピックがやってくるのか!?

さて軽いジョークはさておき

そばに説明書きがありましたので

さっそく読んでみたいと思います。

この石柱は昭和59年1月に旧福岡県庁舎が解体されるまで玄関などに使われたものです

つまりここにはかつて福岡県庁舎があったらしいです。

 

そういえば、前回記事の石垣そばにも重厚な柱が建っていましたね。あれも福岡県庁舎の名残なのでしょうか。↓

また、天神中央公園入口のところにも

いくつか、それっぽい柱が立っており↓

そばには説明書きもありましたので↓

さっそく読んでみると↓

天神中央公園及びアクロス福岡一帯には明治9年(1877)から昭和56年(1981)まで県庁が立地していました。県庁はルネッサンス様式を主体とした木骨レンガ造の2階建半地下式延べ8400㎡余の建物でした

ルネッサンス!響きがいい。沿革も記してあって↓

明治9年、福岡城内から当地に県庁舎(木造)を移転。明治44年、県庁舎(旧県庁舎)の新築工事に着手。大正4年、県庁舎竣工。昭和56年、県庁舎を東公園に移転。跡地に天神中央公園、アクロス福岡を建設

こちらは説明書きに添えられた旧県庁舎の写真。↓

さらに、場所はちょっと離れることになりますが↓

福岡県春日市にある『春日公園』園内の、噴水広場の周囲にも↓

旧県庁舎の名残がひっそりありましたよ。なんでここに!?なんでなんで。それはともかくですよ。↓

江戸時代に藩処刑場があった(と考えられている)場所に

明治維新後、県庁舎が建てられて、のち昭和59年の移転後には

天神中央公園(とアクロス福岡)として整備された、というのが、この界隈の歴史の流れ。

そして現在の様子は、地図で見るとこういう具合。↓

おや!?そうなるとですよ。江戸時代、明石家の邸宅と藩処刑場はお隣さんだったってこと!?藩処刑場が本当にこの地にあったとすれば、ですけど。

他にもなにか歴史の痕跡を示すものを見つけたい。そこで公園内をウロウロしていると

なによこれ。なんなの。

なんなんですか。これ。なんなんあんあななあんこあれ。

続きは次回!


【PR】出会いの痕跡 (末盛千枝子ブックス)

【アクロス福岡】

福岡市中央区天神1丁目1-1