縁結びの道が続くそのこころは【飯盛神社04】

前回の続きです。↓

前回、本当はわりと頑張って飯盛山の山頂にたどりついた私は、ああ登山はいいなあと思ったのであった。↓

今回は下山のお話から続きます。こんにちは。↓

素敵な景色が眼下に広がる下り道。下りは下りで怖くて大変だけど、帰りってことでメンタル的にはずいぶん気楽。帰ったらアイス食べたい。とか言ってると↓

舗装路が目の前に。↓

このまま登ってきたとおりに下っていくと、再び「かぶと虫の森」へ入っていくことになります。それはまじで勘弁。↓

そこでここからは、この舗装路を下っていくことにします。

ゆるやかな下り坂の途中には、避難のための小屋があったり↓

「やしろの森」、↓

そして「あじさいの路」。↓

開けた視界の先には、なにかが私を待っている予感が!↓

おうゴージャス。そう、こちらは飯盛山の『中宮』とのこと。↓

絵図で確認しておきます。↓

また階段上るのはしんどいんだけど!!

これもご縁ですから。ご縁パワーで頑張りますよ。

あちらが、たった今下りてきた道。↓

階段の先には東屋。↓

そして振り返るとこんな景色。↓

ご再建顕彰の碑。↓

説明書きがありましたので↓

さっそく読んでみると↓

ご祭神は「五十猛尊」。森林守護の神です。文永2年に戦禍のため廃じんに帰して以来の思いにより、平成14年に再建

とのこと。境内先に鳥居があって↓

中宮社の扁額。↓

階段が続いています。↓

振り返るとこんな様子で↓

階段はどんどんのびていく。

 

ひょっとして、これが縁結びの道!?

磐座の案内。↓

近づいてみます。↓

そういえば福岡県太宰府市に訪ねた『石穴稲荷神社』(↓)でも↓

磐座のお話を聞きましたね。その時のお話に↓

『磐座信仰』とは古神道において岩に対する信仰のこと、とありました。

階段はさらにどこまで続いていく雰囲気。ですが、さすがに体力の限界。もう帰りたい。アイス食べたい。↓

だけどほらほら。↓

今しかない綺麗な景色。そう、↓

その心こそが、私のご縁結びの道なのだ!

えちょっと待って!?おわり。


【PR】一流の人は小さな「ご縁」を大切にしている

【飯盛神社】

福岡市西区飯盛609