古木の根はHP全回復しそうな名前【大長寺】

福岡市中央区舞鶴にある【大長寺】を訪ねました。↓

昭和通りから北へ一本入った道沿いに山門があって、そばに案内板。↓

その後ろのベージュの壁は、(島井宗室の屋敷にもあったという)博多塀という土塀。(→誰か私に楢柴肩衝をください!!【島井宗室屋敷跡】



では、案内板を読んでみます。

1607年、黒田官兵衛の弟の利則公は、父の職隆(もとたか)公の菩薩を弔うため、那珂郡市ノ瀬村(那珂川市市ノ瀬)に「心光山正岸寺」を建立し、位牌や肖像画を安置しました。

利則公が亡くなると、それらは「大長寺」に移されることになりました。現在「大長寺」には官兵衛の父母そして祖父母の4基の位牌が安置されています。

とのこと。

山門をくぐって境内へ入ると、正面に本堂。↓

境内左手には「観音堂」。↓

そしてその隣りに「窟観音」があって↓

そして「地蔵菩薩」。↓

奥にはお堂があって、お堂の中にある不思議ななにかは『古木の根』というものらしい。↓

いったいなんなのかと、説明書きを読んでみると↓

『古木の根』とは、官兵衛の父の職隆公の墓所から出土した硅化木(樹木の化石)のことです。

1783年に職隆の墓所が姫路にて発見されたことから、福岡藩は家臣を派遣し調査したところ、この『古木の根』を発見したのでした。

そこでこの『古木の根』を掘り起こして福岡へ運び、「大長寺」に安置したのでした。

とのこと。

『古木の根』の隣りには「子安観音」。↓

数千年もの歳月をかけて樹木が化石化したという「硅化木」が、職隆公のお墓から掘り起こされたということ。

それはつまり、「硅化木」があるところが職隆公のお墓になった、とも言えるんじゃないだろうか。完。


【大長寺】

福岡市中央区舞鶴1-3-9